[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ディーン・トースト F. Dean Toste

ディーン・トースト (F. Dean Toste、1971年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である。カリフォルニア大学バークリー校教授(写真:Toste Group HPより)。

経歴

1989-1993 トロント大学 卒業
1993-1995 トロント大学 修士号取得 (Ian W. J. Still教授)
1995-2000 スタンフォード大学 博士号取得 (Barry M. Trost教授)
2001-2002 カリフォルニア工科大学 博士研究員(Robert H. Grubbs教授)
2002-2006 カリフォルニア大学バークリー校 助教授
2006-2009 カリフォルニア大学バークリー校 准教授
2009-現在 カリフォルニア大学バークリー校 教授

2007年よりローレンス・バークリー国立研究所Faculty Scientistを兼任。

 

受賞歴

2015 American Chemical Society, Creativity in Synthetic Organic Chemistry Award
2014 Mitsui Catalysis Award
2014 Miller Professorship, UC Berkeley
2011 Society of Synthetic Organic Chemistry Japan, Mukaiyama Award
2011 Tetrahedron Young Investigator Award
2010 Fellow of the Royal Society of Chemistry
2010 Royal Society of Chemistry Merck Award
2009 Solvias Ligand Prize
2008  Thieme-IUPAC Prize
2008 American Chemical Society Elias J. Corey Award
2007 BASF Catalysis Award
2007 Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis (OMCOS) Award
2006 Novartis Young Investigator Award
2007 Novartis Chemistry Lectureship
2006 Roche Excellence in Chemistry Award
2006 American Chemical Society Cope Scholar Award
2006 Taiwan National Science Council Visiting Scholar
2005 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2004 -2006 Chevron Chair, UC Berkeley
2005 Pfizer Research Laboratories Creativity in Organic Synthesis Award
2005 Amgen Young Investigator
2005 Japan Society for the Promotion of Science Fellowship
2005 Abbott Laboratories New Faculty Award
2005 Alfred P. Sloan Research Fellowship
2005 BMS Unrestricted Grant in Synthetic Organic Chemistry
2005 NSF CAREER Award
2004 GlaxoSmithKline Chemistry Scholar Award
2004 Eli Lilly Grantee Award
2004 Dupont Young Investigator Award
2003 Amgen New Faculty Award
2003 Boehringer-Ingelheim New Faculty Award
2002 Research Corporation, Research Innovation Award
2002 Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
2002 American Chemical Society Nobel Laureate Signature Award
1999 Roche Award for Excellence in Organic Chemistry
1996 Stanford University Fellow
1995 NSERC (Canada) Pre-Doctoral Fellow
1994 Ontario Graduate Fellow
1994 George F. Wright Award
1993 MV Redman Award
1993 Chemical Industry Merit Award

 

研究概要

均一系金触媒を用いる有機合成法の開拓

研究初期は金触媒を用いた環化反応・それを用いた生物活性物質の合成が中心であった。例えば、2007年に複雑な縮環構造をもつアルカロイド(+)-フォーセチミンを独自に開発した金触媒を用いて、効率的に合成している(関連記事:(+)-フォーセチミンの全合成)。[1]

toste_fawcettimine_2

2007年に金属触媒のカウンターアニオンを不斉源とした金触媒環化反応を発表[2](関連記事:遷移金属の不斉触媒作用を強化するキラルカウンターイオン法)。

Counterion1

クラスターを用いた触媒反応の活性および選択性の向上

2015-08-28_18-37-17

金触媒の還元的脱離中間体の単離

2015-08-28_18-36-58

2015-08-28_18-36-19

関連文献

  1. Linghu, X.; Kennedy-Smith, J. J.; Toste, F. D. Angew. Chem. Int. Ed. 200746, 7671. DOI:10.1002/anie.200702695
  2. Hamilton, G. L.; Kang, E. J.; Mba, M.; Toste, F. D. Science 2007317, 496. DOI:10.1126/science.1146922
  3. Shapiro, N. D.; Rauniyar, V.; Hamilton, G. L.; Wu, J.; Toste, F. D. Nature. 2011470, 245. DOI: 10.1038/nature09723
  4. Rauniyar, V.; Lackner, A. D.; Hamilton, G. L.; Toste, F. D. Science2011334, 1681. DOI: 10.1126/science.1213918
  5. Gross, E.; Liu, J.H-C.; Toste, F. D.; Somorjai, G.A. Nature Chem. 20124, 947.
  6. Anbarasan, P.; Baer, Z. C.; Sreekumar, S.; Gross, E.; Binder, J. B.; Blanch, H. W.; Clark, D. S.; Toste, F. D. Nature 2012491, 235.
  7. Wang, Z. J.; Clary, K. N.; Bergman, R. G.; Raymond, K. N.;Toste, F. D. Nature Chem.20135, 100.
  8. Wolf, W. J.; Winston, M. S.; Toste, F. D. Nature Chem. 20136, 159.
  9. Neel, A. J.; Milo, A.; Toste, F. D.; Sigman, M. S. Science 2015, 347, 737-743
  10. Wu, C.-Y.; Horibe, T.; Jacobsen, C. B.; Toste, F. D. Nature 2015, 517, 449-454

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. スティーブン・リパード Stephen J. Lippard
  2. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  3. クリストファー・チャン Christopher J. Chang…
  4. マット・フランシス Matthew B. Francis
  5. マーティン・バーク Martin D. Burke
  6. キャリー・マリス Kary Banks Mullis
  7. エリック・ベッツィグ Eric Betzig
  8. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ひどい論文を書く技術?
  2. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  3. 3Dプリンタとシェールガスとポリ乳酸と
  4. 知られざる有機合成のレアテク集
  5. L-RAD:未活用の研究アイデアの有効利用に
  6. 血液型をChemistryしてみよう!
  7. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】
  8. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  9. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Katsuki Asymmetric Epoxidation (Sharpless AE)
  10. ミノキシジル /Minoxidil

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP