[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

井上 佳久 Yoshihisa Inoue

井上佳久(いのうえ よしひさ、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である(写真:JST)。大阪大学工学系研究科 教授。

 

経歴

1972 大阪大学 工学部 応用化学科 卒業??
1974 大阪大学 工学研究科 石油化学専攻 修士号取得
1977 大阪大学 工学研究科 石油化学専攻 博士号取得
1977 姫路工業大学工学部応用化学科助手
1985 姫路工業大学工学基礎研究所助教授
1990 姫路工業大学理学部物質科学科助教授
1994 大阪大学工学部プロセス工学専攻教授
1995 大阪大学工学部分子化学専攻教授

 

受賞歴

1983 日本化学会進歩賞
1998 光化学協会賞
2003 Molecular Chirality Award

 

研究

不斉光化学反応の開発

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 櫻井英樹 Hideki Sakurai
  2. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  3. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger
  4. クリス・クミンス Christopher C. Cummins
  5. シャンカー・バラスブラマニアン Shanker Balasubr…
  6. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  7. 長井長義 Nagayoshi Nagai
  8. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ピンポン玉で分子模型
  2. オリンピセン (olympicene)
  3. ムスカリン muscarine
  4. 炭素 Carbon -生物の基本骨格、多様な同素体
  5. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  6. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  7. Bayer Material Scienceの分離独立が語るもの
  8. Reaxys体験レポート反応検索編
  9. サイエンスアゴラの魅力を聞く-「iCeMS」水町先生
  10. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

就職か進学かの分かれ道

2017年も始まりましたね。現在1月、もうすぐ3月。そうです、就職活動の時期がやってきます。…

ハイフン(-)の使い方

yハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をい…

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP