[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

井上 佳久 Yoshihisa Inoue

井上佳久(いのうえ よしひさ、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である(写真:JST)。大阪大学工学系研究科 教授。

 

経歴

1972 大阪大学 工学部 応用化学科 卒業??
1974 大阪大学 工学研究科 石油化学専攻 修士号取得
1977 大阪大学 工学研究科 石油化学専攻 博士号取得
1977 姫路工業大学工学部応用化学科助手
1985 姫路工業大学工学基礎研究所助教授
1990 姫路工業大学理学部物質科学科助教授
1994 大阪大学工学部プロセス工学専攻教授
1995 大阪大学工学部分子化学専攻教授

 

受賞歴

1983 日本化学会進歩賞
1998 光化学協会賞
2003 Molecular Chirality Award

 

研究

不斉光化学反応の開発

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 森田浩介 Kosuke Morita
  2. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  3. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  4. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  5. 安達 千波矢 Chihaya Adachi
  6. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  7. 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama
  8. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. シクロヘキサンの片面を全てフッ素化する
  2. NHC銅錯体の塩基を使わない直接的合成
  3. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Group of Aryl Compounds
  4. インドの化学ってどうよ
  5. 透明なカニ・透明な紙:バイオナノファイバーの世界
  6. 分子光化学の原理
  7. 化学のうた
  8. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】
  9. 金属を超えるダイヤモンド ーボロンドープダイヤモンドー
  10. 【速報】2012年ノーベル化学賞発表!!「Gタンパク質共役受容体に関する研究」

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP