[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis

 

概要

オルトアルキル置換芳香族イソニトリルを強塩基で処理し、インドールを得る方法。

基本文献

 

反応機構

saegusa_indole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction…
  2. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabot…
  3. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylat…
  4. プメラー転位 Pummerer Rearrangement
  5. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboratio…
  6. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Gan…
  7. ウルマンカップリング Ullmann Coupling
  8. マクミラン触媒 MacMillan’s Cataly…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  2. 藤田 誠 Makoto Fujita
  3. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride
  4. 「架橋ナノゲル」を応用したがんワクチンDDS
  5. 反応の選択性を制御する新手法
  6. 未来のノーベル化学賞候補者
  7. ご長寿化学者の記録を調べてみた
  8. 生涯最高の失敗
  9. 炭素を1つスズに置き換えてみたらどうなる?
  10. ベン・シェンBen Shen

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP