[スポンサーリンク]

archives

4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide

T2645.gif

空気中で安定なホスフィンオキシド配位子

4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシドは空気中で安定なホスフィンオキシド配位子で、遷移金属と高触媒活性の錯体を形成することにより、クロスカップリング化が促進されます。例えば熊田カップリング反応において,通常反応性が低いとされるトシル体を基質に用いても、良好な収率でカップリング生成物を与えます。特に電子不足系アリールトシラート類や複素芳香環系トシラート類でも良好な収率でカップリング生成物が得られ、有用なプレリガンドとして使用することができます。

L. Ackermann, A. Althammer, Org. Lett. 2006, 8, 3457.

関連記事

  1. エノキサシン:Enoxacin
  2. ネオジム磁石の調達、製造技術とビジネス戦略【終了】
  3. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  4. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  5. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  6. 1,3-ジヨード-5,5-ジメチルヒダントイン:1,3-Diio…
  7. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  8. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 基礎から学ぶ機器分析化学
  2. エド・ボイデン Edward Boyden
  3. アブノーマルNHC
  4. ケミストリー通り
  5. 小さなケイ素酸化物を得る方法
  6. ロルフ・ミュラー Rolf Muller
  7. 信じられない!驚愕の天然物たち
  8. メソポーラスシリカ(3)
  9. ぬれ性・レオロジーに学ぶ! 微粒子分散系の界面化学の習得講座
  10. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP