[スポンサーリンク]

archives

4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide

T2645.gif

空気中で安定なホスフィンオキシド配位子

4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシドは空気中で安定なホスフィンオキシド配位子で、遷移金属と高触媒活性の錯体を形成することにより、クロスカップリング化が促進されます。例えば熊田カップリング反応において,通常反応性が低いとされるトシル体を基質に用いても、良好な収率でカップリング生成物を与えます。特に電子不足系アリールトシラート類や複素芳香環系トシラート類でも良好な収率でカップリング生成物が得られ、有用なプレリガンドとして使用することができます。

L. Ackermann, A. Althammer, Org. Lett. 2006, 8, 3457.

関連記事

  1. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  2. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  3. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  4. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  5. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  6. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  7. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  8. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  2. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  3. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  4. 個性あふれるTOC大集合!
  5. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  6. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  7. リニューアル?!
  8. 有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成
  9. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加
  10. 発想の逆転で糖鎖合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

ポリアザインドリジンやピリミジンは、求核触媒の作用を受け 6 員環内の窒素原子と 6 員環に結合した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP