[スポンサーリンク]

archives

4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシド : 4,4,5,5-Tetramethyl-1,3,2-dioxaphospholane 2-Oxide

T2645.gif

空気中で安定なホスフィンオキシド配位子

4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-オキシドは空気中で安定なホスフィンオキシド配位子で、遷移金属と高触媒活性の錯体を形成することにより、クロスカップリング化が促進されます。例えば熊田カップリング反応において,通常反応性が低いとされるトシル体を基質に用いても、良好な収率でカップリング生成物を与えます。特に電子不足系アリールトシラート類や複素芳香環系トシラート類でも良好な収率でカップリング生成物が得られ、有用なプレリガンドとして使用することができます。

L. Ackermann, A. Althammer, Org. Lett. 2006, 8, 3457.

関連記事

  1. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…
  2. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  3. 不斉配位子
  4. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  5. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  6. ターボグリニャール試薬
  7. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  8. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Reaxys Prize 2017ファイナリスト発表
  2. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待
  3. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  4. ジョージ・チャーチ George M. Church
  5. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  6. リピトール /Lipitor (Atorvastatin)
  7. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より
  8. ブレオマイシン /Bleomycin
  9. 活性が大幅に向上したアンモニア合成触媒について
  10. 「女性用バイアグラ」開発・認可・そして買収←イマココ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP