[スポンサーリンク]

archives

カルノシン酸 : Carnosic Acid

C2488.gif

抗酸化剤カルノシン酸(合成品)

ローズマリーの抗酸化成分であるカルノシン酸は,神経保護作用,脂肪細胞分化阻害作用,5-リポキシゲナーゼ阻害作用,脂質吸収抑制作用など多彩な生理活性を持つことが報告されています。これまで天然品として供給量が限定されていたカルノシン酸を,弊社では化学合成により安価に提供することに成功しました。
*本製品は東京農工大学の許諾を得て,多田全宏名誉教授の技術指導により製品化したものです。

M. Tada, T. Ohkanda, J. Kurabe, Chem. Pharm. Bull. 2010, 58, 27;
M. Tada, TCI Mail 2011, Number 150, 2.

 

関連記事

  1. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  2. TEMPOよりも高活性なアルコール酸化触媒
  3. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  4. ニュースタッフ
  5. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  6. C60MC12
  7. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri…
  8. エノキサシン:Enoxacin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステスタッフ徹底紹介!
  2. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)
  3. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-2-yltrimethylsilane
  4. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  5. 科研費の審査員を経験して
  6. マルチディスプレイを活用していますか?
  7. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  8. 幾何学の定理を活用したものづくり
  9. 信越化学、塩化ビニル樹脂を値上げ
  10. 化学に耳をすませば

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP