[スポンサーリンク]

archives

カルノシン酸 : Carnosic Acid

C2488.gif

抗酸化剤カルノシン酸(合成品)

ローズマリーの抗酸化成分であるカルノシン酸は,神経保護作用,脂肪細胞分化阻害作用,5-リポキシゲナーゼ阻害作用,脂質吸収抑制作用など多彩な生理活性を持つことが報告されています。これまで天然品として供給量が限定されていたカルノシン酸を,弊社では化学合成により安価に提供することに成功しました。
*本製品は東京農工大学の許諾を得て,多田全宏名誉教授の技術指導により製品化したものです。

M. Tada, T. Ohkanda, J. Kurabe, Chem. Pharm. Bull. 2010, 58, 27;
M. Tada, TCI Mail 2011, Number 150, 2.

 

関連記事

  1. 活性マグネシウム
  2. グラフェンの量産化技術と次世代デバイスへの応用【終了】
  3. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  4. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”…
  5. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  6. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  7. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  8. GlycoProfile アジド糖

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功
  2. アルキンジッパー反応 Alkyne Zipper Reaciton
  3. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応
  4. 2008年10大化学ニュース
  5. PACIFICHEM2010に参加してきました!①
  6. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用
  7. 2021年、ムーアの法則が崩れる?
  8. 中学入試における化学を調べてみた 2013
  9. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門~
  10. 化学エネルギーを使って自律歩行するゲル

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

OPRD誌を日本プロセス化学会がジャック?

OPRD(Organic Process Research & Development)はJ…

ワークアップの悪夢

みなさま、4月も半分すぎ、新入生がラボに入ってきていると思います。そんな頃によく目にするのが、エマル…

単一分子の電界発光の機構を解明

第194回のスポットライトリサーチは、理化学研究所Kim表面界面科学研究室で研究員を務められていた、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP