[スポンサーリンク]

archives

カルノシン酸 : Carnosic Acid

[スポンサーリンク]

C2488.gif

抗酸化剤カルノシン酸(合成品)

ローズマリーの抗酸化成分であるカルノシン酸は,神経保護作用,脂肪細胞分化阻害作用,5-リポキシゲナーゼ阻害作用,脂質吸収抑制作用など多彩な生理活性を持つことが報告されています。これまで天然品として供給量が限定されていたカルノシン酸を,弊社では化学合成により安価に提供することに成功しました。
*本製品は東京農工大学の許諾を得て,多田全宏名誉教授の技術指導により製品化したものです。

M. Tada, T. Ohkanda, J. Kurabe, Chem. Pharm. Bull. 2010, 58, 27;
M. Tada, TCI Mail 2011, Number 150, 2.

 

関連記事

  1. π-アリルパラジウム錯体
  2. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  3. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  4. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  5. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Ir…
  6. リケラボとコラボして特集記事を配信します
  7. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tri…
  8. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョン・スティル John K. Stille
  2. 反応がうまくいかないときは冷やしてみてはいかが?
  3. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien
  4. スタニルリチウム調製の新手法
  5. EUで化学物質規制のREACHが施行
  6. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
  7. マイルの寄付:東北地方太平洋沖地震
  8. 富士通、化合物分子設計統合支援ソフト「キャッシュ」新バージョンを販売
  9. デヴィッド・ミルステイン David Milstein
  10. サーバーを移転しました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP