[スポンサーリンク]

archives

カルノシン酸 : Carnosic Acid

C2488.gif

抗酸化剤カルノシン酸(合成品)

ローズマリーの抗酸化成分であるカルノシン酸は,神経保護作用,脂肪細胞分化阻害作用,5-リポキシゲナーゼ阻害作用,脂質吸収抑制作用など多彩な生理活性を持つことが報告されています。これまで天然品として供給量が限定されていたカルノシン酸を,弊社では化学合成により安価に提供することに成功しました。
*本製品は東京農工大学の許諾を得て,多田全宏名誉教授の技術指導により製品化したものです。

M. Tada, T. Ohkanda, J. Kurabe, Chem. Pharm. Bull. 2010, 58, 27;
M. Tada, TCI Mail 2011, Number 150, 2.

 

関連記事

  1. カーボンナノチューブの分散とその応用【終了】
  2. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  3. A-Phosパラジウム錯体
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) …
  5. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  6. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  7. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  8. 1-メチル-1-[4-(ジフェニルホスフィノ)ベンジル]ピロリジ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014
  2. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chiral Sulfoxide Synthesis
  3. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  4. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis
  5. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん
  6. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  7. 学生に化学論文の書き方をどうやって教えるか?
  8. 化学大手4社は増収 4-6月期連結決算
  9. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  10. 不斉触媒 Asymmetric Catalysis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP