[スポンサーリンク]

archives

カルノシン酸 : Carnosic Acid

[スポンサーリンク]

C2488.gif

抗酸化剤カルノシン酸(合成品)

ローズマリーの抗酸化成分であるカルノシン酸は,神経保護作用,脂肪細胞分化阻害作用,5-リポキシゲナーゼ阻害作用,脂質吸収抑制作用など多彩な生理活性を持つことが報告されています。これまで天然品として供給量が限定されていたカルノシン酸を,弊社では化学合成により安価に提供することに成功しました。
*本製品は東京農工大学の許諾を得て,多田全宏名誉教授の技術指導により製品化したものです。

M. Tada, T. Ohkanda, J. Kurabe, Chem. Pharm. Bull. 2010, 58, 27;
M. Tada, TCI Mail 2011, Number 150, 2.

 

関連記事

  1. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  2. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  3. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  4. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  5. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  6. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  7. GlycoProfile アジド糖
  8. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  2. “follow”は便利!
  3. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  4. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  5. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで
  6. Reaxys Ph.D Prize2014ファイナリスト45名発表!
  7. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列
  8. 窒素固定をめぐって-1
  9. 道修町ミュージアムストリート
  10. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP