[スポンサーリンク]

archives

カルノシン酸 : Carnosic Acid

C2488.gif

抗酸化剤カルノシン酸(合成品)

ローズマリーの抗酸化成分であるカルノシン酸は,神経保護作用,脂肪細胞分化阻害作用,5-リポキシゲナーゼ阻害作用,脂質吸収抑制作用など多彩な生理活性を持つことが報告されています。これまで天然品として供給量が限定されていたカルノシン酸を,弊社では化学合成により安価に提供することに成功しました。
*本製品は東京農工大学の許諾を得て,多田全宏名誉教授の技術指導により製品化したものです。

M. Tada, T. Ohkanda, J. Kurabe, Chem. Pharm. Bull. 2010, 58, 27;
M. Tada, TCI Mail 2011, Number 150, 2.

 

関連記事

  1. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  2. (+)-MTPA-Cl
  3. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業…
  4. サーバーを移転しました
  5. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  6. スマホページをリニューアルしました
  7. エノキサシン:Enoxacin
  8. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 階段状分子の作り方
  2. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017
  3. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  4. 図に最適なフォントは何か?
  5. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  6. 高分子界の準結晶
  7. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric Acid
  8. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?
  9. シロアリに強い基礎用断熱材が登場
  10. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP