[スポンサーリンク]

B

ブラン環化 Blanc Cyclization

 

概要

ジカルボン酸を無水酢酸と加熱することで、環化をおこす方法。

炭素鎖の長さ次第でできる生成物がことなる。すなわち、1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸では無水物を、1,6-もしくはそれ以上離れたジカルボン酸では脱炭酸を伴いケトンを与える。

基本文献

  • Blanc, H. G. Compt. Rend. 1907, 144,1356.

反応機構

1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸

2014-09-07_10-08-26

1,6-ジカルボン酸以上

2014-09-07_10-07-28

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. デュボア アミノ化反応 Du Bois Amination
  2. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hy…
  3. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  4. ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehy…
  5. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Re…
  6. リスト・バルバス アルドール反応 List-Barbas Ald…
  7. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  8. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synt…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  2. 世界初の有機蓄光
  3. ボリレン
  4. 地方の光る化学商社~長瀬産業殿~
  5. 金沢ふるさと偉人館
  6. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発
  7. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  8. 周期表の歴史を振り返る【周期表生誕 150 周年特別企画】
  9. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  10. 東レ科学技術賞:東京大学大学院理学系研究科奈良坂教授受賞

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP