[スポンサーリンク]

B

ブラン環化 Blanc Cyclization

 

概要

ジカルボン酸を無水酢酸と加熱することで、環化をおこす方法。

炭素鎖の長さ次第でできる生成物がことなる。すなわち、1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸では無水物を、1,6-もしくはそれ以上離れたジカルボン酸では脱炭酸を伴いケトンを与える。

基本文献

  • Blanc, H. G. Compt. Rend. 1907, 144,1356.

反応機構

1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸

2014-09-07_10-08-26

1,6-ジカルボン酸以上

2014-09-07_10-07-28

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocie…
  2. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  3. クメン法 Cumene Process
  4. チャン転位(Chan Rearrangement)
  5. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Sy…
  6. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Iso…
  7. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosu…
  8. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alk…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 黒田チカ Chika Kuroda
  2. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ・寄稿募集】
  3. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  5. ヘテロ環ビルディングブロックキャンペーン
  6. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  7. 印象に残った天然物合成1
  8. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  9. 第7回HOPEミーティング 参加者募集!!
  10. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

シリカゲルクロマトグラフィーを機械にやっていただき時間や場所、溶媒などを削減できるフラッシュ自動精製…

“結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

分子ノットの嵩高さを利用した新規ロタキサンを合成した。末端に分子ノットをストッパーとして形成すること…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP