[スポンサーリンク]

B

ブラン環化 Blanc Cyclization

[スポンサーリンク]

 

概要

ジカルボン酸を無水酢酸と加熱することで、環化をおこす方法。

炭素鎖の長さ次第でできる生成物がことなる。すなわち、1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸では無水物を、1,6-もしくはそれ以上離れたジカルボン酸では脱炭酸を伴いケトンを与える。

基本文献

  • Blanc, H. G. Compt. Rend. 1907, 144,1356.

反応機構

1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸

2014-09-07_10-08-26

1,6-ジカルボン酸以上

2014-09-07_10-07-28

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連書籍

関連リンク

 

関連記事

  1. ケネディ酸化的環化反応 Kennedy Oxydative Cy…
  2. ネニチェスク インドール合成 Nenitzescu Indole…
  3. アニオン重合 Anionic Polymerization
  4. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  5. パーキン反応 Perkin Reaction
  6. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Steve…
  7. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…
  8. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementow…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スクリプス研究所
  2. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  3. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応
  4. 効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発
  5. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか
  6. 捏造は研究室の中だけの問題か?
  7. 3日やったらやめられない:独自配位子開発と応用
  8. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応
  9. 産業紙閲覧のすゝめ
  10. アシル系保護基 Acyl Protective Group

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、、企業理念「独創力」のもと「これまでになかったモノ」を「人とは違うアプ…

第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

第14回ケムステVシンポが2月3日に開催されますが、その二日後にもアツいケムステVシンポが開催されま…

不斉反応ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP