[スポンサーリンク]

B

ブラン環化 Blanc Cyclization

 

概要

ジカルボン酸を無水酢酸と加熱することで、環化をおこす方法。

炭素鎖の長さ次第でできる生成物がことなる。すなわち、1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸では無水物を、1,6-もしくはそれ以上離れたジカルボン酸では脱炭酸を伴いケトンを与える。

基本文献

  • Blanc, H. G. Compt. Rend. 1907, 144,1356.

反応機構

1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸

2014-09-07_10-08-26

1,6-ジカルボン酸以上

2014-09-07_10-07-28

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis…
  2. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky…
  3. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furst…
  4. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  5. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Re…
  6. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Gr…
  7. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluorobor…
  8. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shiba…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride
  2. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  3. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  4. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ
  5. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ
  6. 三中心四電子結合とは?
  7. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する
  8. 阪大・プリンストン大が発見、”高温”でも超伝導
  9. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  10. ロナルド・ブレズロウ賞・受賞者一覧

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP