[スポンサーリンク]

B

ブラン環化 Blanc Cyclization

 

概要

ジカルボン酸を無水酢酸と加熱することで、環化をおこす方法。

炭素鎖の長さ次第でできる生成物がことなる。すなわち、1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸では無水物を、1,6-もしくはそれ以上離れたジカルボン酸では脱炭酸を伴いケトンを与える。

基本文献

  • Blanc, H. G. Compt. Rend. 1907, 144,1356.

反応機構

1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸

2014-09-07_10-08-26

1,6-ジカルボン酸以上

2014-09-07_10-07-28

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution…
  2. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reacti…
  3. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  4. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…
  5. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quin…
  6. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  7. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactoniza…
  8. ビギネリ反応 Biginelli Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe
  2. 第七回 生命を化学する-非ワトソン・クリックの世界を覗く! ー杉本直己教授
  3. たるんだ肌を若返らせる薄膜
  4. 分子の動きを電子顕微鏡で観察
  5. 2016年9月の注目化学書籍
  6. 2021年、ムーアの法則が崩れる?
  7. ジョンソン・クライゼン転位 Johnson-Claisen Rearrangement
  8. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  9. 村橋 俊一 Shunichi Murahashi
  10. 改正 研究開発力強化法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP