[スポンサーリンク]

B

ブラン環化 Blanc Cyclization

[スポンサーリンク]

 

概要

ジカルボン酸を無水酢酸と加熱することで、環化をおこす方法。

炭素鎖の長さ次第でできる生成物がことなる。すなわち、1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸では無水物を、1,6-もしくはそれ以上離れたジカルボン酸では脱炭酸を伴いケトンを与える。

基本文献

  • Blanc, H. G. Compt. Rend. 1907, 144,1356.

反応機構

1,4-もしくは1,5-ジカルボン酸

2014-09-07_10-08-26

1,6-ジカルボン酸以上

2014-09-07_10-07-28

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連書籍

関連リンク

 

関連記事

  1. ネイティブ・ケミカル・ライゲーション Native Chemic…
  2. ジアゾメタン diazomethane
  3. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  4. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process fo…
  5. スティーヴンス転位 Stevens Rearrangement
  6. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shiba…
  7. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synt…
  8. ブレイズ反応 Blaise Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャド・マーキン Chad A. Mirkin
  2. もっとも単純な触媒「プロリン」
  3. 国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!
  4. 【ワイリー】日本プロセス化学会シンポジウム特典!
  5. 小スケールの反応で気をつけるべきこと
  6. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  7. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~
  8. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成
  9. 在宅となった化学者がすべきこと
  10. 野依賞―受賞者一覧

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP