[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ダニエル・ノセラ Daniel G. Nocera

ダニエル・G・ノセラ (Daniel G. Nocera、1957年7月3日-)は、アメリカの無機化学者、材料科学者である(写真:MIT Chemistry)。米ハーバード大学教授。

 

経歴

1979 ラトガース大学 卒業
1984 カリフォルニア工科大学 博士号取得 (Harry B. Gray教授)
1984 ミシガン州立大学
1990 ミシガン州立大学 教授
1997 マサチューセッツ工科大学 教授
2012 ハーバード大学教授

 

受賞歴

1979 American Institute of Chemists Award
2005 Italgas Prize
2006 Inter-American Photochemistry Prize
2007 Burghausen Chemistry Award
2009 American Chemical Society Award in Inorganic Chemistry

 

研究概要

エネルギー変換の化学
Water-Splitting Catalystの開発[1] S = 1/2 カゴメ格子の合成

 

コメント&その他

1. 2009年時点で225報の論文を発表

 

関連動画

Water-Splitting Catalyst開発に関するInterview:Nocera教授

 

関連論文

[1] Nocera, D. G.; Kanan, M. W. Science 2008, 321, 1072. doi:10.1126/science.1162018

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クラーク・スティル W. Clark Still
  2. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  3. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  4. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  5. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  6. マリウス・クロア G. Marius Clore
  7. 野依賞―受賞者一覧
  8. 森田浩介 Kosuke Morita

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に
  2. 人工DNAを複製可能な生物ができた!
  3. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧(解答編)
  5. アラスカのカブトムシは「分子の防寒コート」で身を守る
  6. グロブ開裂 Grob Fragmentation
  7. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  8. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification
  9. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  10. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小児適応の承認取得

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP