[スポンサーリンク]

ケムステVシンポ

第10回ケムステVシンポ「天然物フィロソフィ」を開催します

[スポンサーリンク]

お待たせしました,お待たせし過ぎたかもしれません.第10回ケムステVシンポはゴリゴリの天然物全合成です.

全合成は合成は酵素やロボットに取って代わられるなどという暗い話を最近よく聞きますが,果たして本当にそうでしょうか?JACSのMost Read Articleを見てみるとエントリーの実に6/18が全合成の論文です(10/1/20現在).JACSが総合化学誌であることを加味するとこれはかなり高い割合なのではないでしょうか.なんだかんだ言ってやっぱりみんな全合成大好きなんですね.

全合成は古くからある化学の一分野ではありますが,その本質はただモノを作ることに留まりません.モノづくりに何をプラスするかがその化学者の哲学とも言えます.今回は分野の最先端を走る先生方に講演を快諾していただけました.聞き応えのあるゴリゴリの合成戦略と戦術,現代の全合成を全合成たらしめるそれぞれの天然物フィロソフィをお話いただけることでしょう.

実施概要

第10回ケムステVシンポジウム

「天然物フィロソフィ」

開催日:2020年10月29日(木)19:00〜21:00
会場:オンライン
・講演者はZoom使用・YouTube Liveの限定URL配信
・録画は4日間ほど限定公開(申込時のURLが必要です)
・URLは開催前日21時ごろに配布(前日21時以降の登録者には、開始10分前に送付)
定員:先着2000名(途中参加・退出・時間差視聴自由)
言語:日本語
参加費:無料

講演者:
谷野 圭持 先生(北大・理)「卒業研究の呪縛:転位反応と全合成」
大栗 博毅 先生(東大・理)「天然物合成の新展開を目指して」
井上 将行 先生(東大・薬)「ラジカル反応による複雑分子構築の単純化」

講演時間:各25〜30分程度(質疑応答を含む)

質疑応答はYouTubeのチャットで行う予定です.時間的制約があるので全ての質問は拾えませんが,講演者は講演後に確認しますので,ぜひ積極的にお願いいたします.

 

参加登録:Connpassイベントページで行ってください・当日18:45まで受付Connpass利用ガイドはこちら

Vシンポ参加登録はこちら

*参加登録してURLさえ入手すればYouTube Liveに間に合わなくても視聴できますので,是非参加登録をお願いします.

Twitterハッシュタグ:#ケムステVシンポ #天然物フィロソフィ

主催:Chem-Station
協賛:東京化成工業株式会社 / メルク(Sigma-Aldrich) / 島津製作所
ファシリテーター:苅田 譲(Radosevich研・ポスドク・ケムステスタッフ)
モデレーター:寄立 麻琴(平井研・助教・ケムステスタッフ),溝口 玄樹(坂倉研・助教),國枝 一輝(浜地研・ポスドク)

Live配信後の動画の取り扱い

配信の後日、講演者が希望する範囲で編集した動画をYouTubeケムステチャンネルにアップします.

是非,ご視聴・チャンネル登録・高評価お願いします!

協賛企業からのお知らせ

東京化成工業

ウェブサイトをリニューアルしました。ぜひお越しください。

弊社では,全合成研究にお役立ていただける製品パンフレットをご用意しています。

不斉補助剤・光学分割剤の製品パンフレットはこちら https://bit.ly/319KV5p

キラルビルディングブロックの製品パンフレットはこちら https://bit.ly/378x1Ek

アミノ酸の製品パンフレットはこちら https://bit.ly/2IrXNND

テルペンの製品パンフレットはこちら https://bit.ly/2H7Eatw

C-N結合形成反応の製品パンフレットはこちら https://bit.ly/3nP46v0

縮合剤の製品パンフレットはこちら https://bit.ly/3dtWoBH

メルク(Sigma-Aldrich)

触媒反応において、多様な基質に対して反応条件を最適化することは困難で時間のかかるステップです。Sigma-AldrichのKitAlysisは、同時に24の異なる反応条件を少量の基質でスクリーニングするツールです。多様な触媒スクリーニングを、迅速に、手軽に、コストダウン!http://bit.ly/3llPkdc_KitAlysis

 

島津製作所

 

今年で創業145周年を迎えました。
人々の願いを実現し、社会に貢献するために。
島津製作所はこれからも挑戦を続けていきます。
→詳しくはこちら
分析計測技術に関するWebinar動画を公開中!
会員制サービス「Shim-Solutions Club」に是非ご登録下さい(登録無料)。
→詳しくはこちら

 

お願い:本Vシンポは協賛企業の支援を受けて完全無料で運営しています。ぜひ協賛企業のウェブサイトを訪問してください。

アーカイブ動画(追記)

第13回ケムステVシンポは盛会で修了いたしました。編集して公開できる部分を公開しています。ぜひ御覧ください。

関連リンク

谷野圭持

大栗博毅

井上将行

関連記事

  1. 134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!
  2. フルオロホルムを用いた安価なトリフルオロメチル化反応の開発
  3. 非対称化合成戦略:レセルピン合成
  4. 第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」
  5. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII…
  6. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」
  7. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  8. 君はホンモノの潤滑油を知っているか?:自己PRで潤滑油であること…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2013年(第29回)日本国際賞 受賞記念講演会
  2. 水素化リチウムアルミニウム Lithium Alminum Hydride (LAH)
  3. 大学入試のあれこれ ②
  4. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  5. サイコロを作ろう!
  6. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  7. シアノスター Cyanostar
  8. Pythonで学ぶ実験計画法入門 ベイズ最適化によるデータ解析
  9. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場
  10. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

最新記事

全合成研究は創薬化学のトレーニングになり得るか?

天然物の全合成は現代でも創薬化学 (メディシナルケミストリー) のための良いトレ…

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP