[スポンサーリンク]

一般的な話題

2020年の人気記事執筆者からのコメント全文を紹介

[スポンサーリンク]

あけましておめでとうございます。皆さんはどんなふうに新年をむかえましたか?新型コロナや大寒波が猛威をふるう、波乱万丈の年明けとなりましたが、ケムステは今年も止まりません!化学にまつわる様々な記事やVシンポ・Vプレレクなど、試行錯誤を続けながらいっそう盛り上がっていきたいと思います。

さて、先日配信したケムステV年末ライブでは、2020年の人気記事ランキングをお届けしました。ライブ中では、ランクインした記事を執筆したケムステスタッフからのコメントを読ませていただいたのですが、実はあのコメント、フルバージョンが存在します…!そう、本番では時間の都合上、一部だけを読ませていただいていたのです。

とてもアツいメッセージをいただいておりますので、ここで各スタッフからのコメント全文を紹介させていただこうと思います。

人気記事を執筆したスタッフからのコメント

第9位:痔の薬のはなし 真剣に調べる
著者:Tshozo

ご自身の痔の体験を通じ、医薬品の成分やその構造に着目しながらセキララ感溢れる記事を執筆したTshozoさん。コメントはこちらです。

あるノンフィクション記事に啓発を受け、またとある小説を参考に実感が伴うよう少し実験的に書いたのですが思わぬ反響を頂き嬉しい限りです。

また、体調不良、特に下半身周りの疾患はならないにこしたことは無いのですが、経験して自悟した以上は化学的な視点で還元出来ればとも考えつつ、夜な夜なキーボードを叩いていたのが思い出されます。
これからも児童の心を棄てず不思議と思うこと、大事と信じることを書きつつ、皆様の息抜きに繋がるよう継続したい次第です。

第8位:私達の時間スケールでみても、ガラスは固体ではなかった − 7年前に分からなかった問題を解決 −
著書:Monica

学部生スタッフの新星・Monicaさんによるスポットライトリサーチのインタビュー記事がランクインしました。Monicaさんのコメントはこちら。

この度は数多くの読者に読んで頂けてとても光栄です。今回のテーマであるガラスは、身近にありふれていて親近感が湧きやすい一方で、固体のように見えるけれど実はそうではない本当の正体は一体何なのか…とミステリアスな一面を持っている物質でもあるため、たくさん興味を持って頂けたのではないかと思います。「ガラスは液体という認識だったけど、時間スケールの話で納得した」という声や、「IRラマンやDLSでは評価できないのかな?」という疑問の声も頂きました。分子の再配置運動というガラス特有の性質は解明されましたがまだまだ謎の大きな物質なのだと思います。ガラスについての新発見は勿論のこと、今回は、どのように7年前の謎を解明できたのか、そのためにはどうすればよいのか、そういったところのアドバイスについても見所となっているので、まだ読んでいないという方はぜひ読んでみて頂けると嬉しいです。
今回インタビューさせて頂いた水野さんも仰る通り、今後皆さんの中から、ガラス研究に挑戦する方がでてくることを非常に楽しみにしています。

第7位:なぜ電子が非局在化すると安定化するの?【化学者だって数学するっつーの!: 井戸型ポテンシャルと曲率】
著者:やぶ

やぶさんの「化学者だって数学するっつーの!」シリーズ新作が見事ランクイン。下記のコメントにもあるように、やぶさんの次回作では群論などを取り上げる予定だそうですよ。とても楽しみですね!

ケムステ V ライブをご覧の皆さん、こんばんは。このたびは、化学者だって数学するっつーの!シリーズの「電子はなぜ非局在化すると安定化するの?」をたくさんの方に読んでいただいたということで、ありがとうございます。本記事は、量子化学を学んだことがある人なら必ず一度は解いたことがあるであろう、井戸型ポテンシャルの問題を、一般的な微分方程式の解法を使わずに、微分の定義に沿って、定性的に波動関数の形を予測することを目的とした記事です。
ちなみに、この記事は、私が高専にいた頃の量子化学の先生の授業を参考に作成しており、その先生には面白い授業をしてくださったことに感謝しています。
この「化学者だって数学するっつーの!」シリーズは、「モーツァルトだって給食当番するっつーの!」などのネタでおなじみのお笑い芸人である、脳みそ夫さんをオマージュしています。化学者の中でも合成化学に携わっている研究者は、数学に触れることが少なくなりますが、それでも「数学を勉強すれば化学が一層楽しくなるよ」というメッセージを込めて、ポップな感じに仕上げつつ、しかし内容には妥協をせずに丁寧に書くように努めています。
現在、群論の入門記事を作成中で、今後、分子軌道法などにも展開できればと考えています。今後とも、Chem-Stationはもとより、化学者だって数学するっつーのシリーズをよろしくおねがいします。

第6位:誤解してない? 電子の軌道は”軌道”ではない
著者:photonee

新スタッフphotoneeさんの初記事がランクイン。Photoneeさんのコメントを読んで、化学に惹かれていった初心を思い出し、うるっとしてしまったのはここだけの秘密です。

今回ランクインした記事は、ケムステスタッフとして参加してはじめて書いた記事でした。自分の予想に反して、沢山の方に読んでいただき大変光栄です。
私自身、記事なんか書いておきながら学部1年生の量子の授業は、ことごとく理解できず、量子落ちこぼれ勢まっしぐらでした。そんな時、偶然に友人からディラックの量子力学の輪講もどきに誘われ、凡そ1年ほどかけて読み進めました。ああでもないこうでもないという議論がとても楽しかったのを覚えています。結局、読み終えた当時も良く分かっていなかったと思うのですが、量子力学の魅力と不思議さを実感し、何とも言えない高揚感があったことは鮮明に覚えており、今の自分の原点になっていると感じます。
この記事でその高揚感と量子力学の面白さを少しでも感じて頂けたら、筆者として望外の喜びです。
これからも学部生として等身大の視点から色々と疑問に思った事や面白いと思った事を記事を通して共有していけたらと思っております。何卒宜しくお願い致します。

第5位:イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!
著者:Zeolinite

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られる「イグノーベル賞」。2020年度の受賞研究を紹介する記事を執筆したZeoliniteさんのコメントです。

題名の通り、化学賞に関する内容は無いのにたくさんの方に読んでいただき大変驚いています。一方で記事で取り上げたワニとミミズの研究は、なかなか興味深い研究内容だったので化学にはあまり関係しませんが内容を掘り下げて紹介しました。今後とも興味深いニュースを普通のニュースサイトよりも化学的な面を掘り下げて紹介していきますのでご愛読よろしくお願いいたします。

第3位:海外の教授にメールを送る-使える英語表現と文例
著者:kanako

英語で海外の教授にメールを出す際の例文をこれでもかというくらい紹介してくれているkanakoさんの記事。単なる例文ではなく、タイトルや構成についても非常に参考になります。いただいたコメントはこちらです。

初めて海外の教授にメールした際、私自身とても悩んだ経験から、この記事を書きました。大学院留学で忙しい教授といろいろやりとりするうちに、相手が時間を掛けずにYes or Noの一言で返信ができるようなメールを書くことが大事だと分かってきました。記事では例文をたくさん紹介しているので、参考にしていただければ幸いです。

新スタッフの活躍が目覚ましいランキングでした! 今年もどんな記事が発信されるのか楽しみですね! 本年もケムステを、どうぞよろしくお願いいたします!

関連リンク

  1. 2020年ケムステ人気記事ランキング
Shirataki

Shirataki

投稿者の記事一覧

目には見えない生き物の仕組みに惹かれ、生体分子の魅力を探っていこうとしています。ポスドクや科学館スタッフを経て、現在は大学発ベンチャーの研究員。微生物と戯れる日々。

spectol21

投稿者の記事一覧

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JK。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

関連記事

  1. 白リンを超分子ケージに閉じ込めて安定化!
  2. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  3. 転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント
  4. たるんだ肌を若返らせる薄膜
  5. 分子形状初期化法「T・レックス」の実現~いつでもどこでも誰でも狙…
  6. 触媒量の金属錯体でリビング開環メタセシス重合を操る
  7. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり ⑦:「はん蔵…
  8. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか
  2. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  3. 昭和電工、青色LEDに参入
  4. 化学物質MOCAでがん、4人労災
  5. 被ばく少ない造影剤開発 PETがん診断に応用へ
  6. あなたはどっち? 絶対立体配置
  7. 分子モーター Molecular Motor
  8. ネイティブ・ケミカル・ライゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  9. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction
  10. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株) 石油化学/プラスチック業界向けウェビナー】 マイクロ波による新事業 石油化学・プラスチック業界のための脱炭素・電化ソリューション

<内容>本イベントでは、石油化学/プラスチック業界における脱炭素・電化の新たなソ…

素材・化学で「どう作るか」を高度化する共同研究拠点、産総研が3カ所で整備

産業技術総合研究所、材料・化学領域は、マテリアル・プロセスイノベーションプラットフォームの整備をスタ…

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP