[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!

[スポンサーリンク]

 

 

アメリカ留学シリーズです。 今回は留学前の心構え的なことを書こうかなと思います。というのも僕はいわゆる大学院留学は凄い敷居低い留学方法だと思っています。だから留学していることを過度に自負している留学経験者や、「留学する人はこうでなくてはいけない!」みたいなアドバイスをする人に対してちょっとした違和感というか、はなもちならなさをというか、なんていうかそんなことでビビらせる必要はないのになぁというかというのを感じることがあります。

 

そんな訳で今回は日本で化学を専攻していた場合、大学院ルートでの留学がいかに“ライフハック”であるか、ということを書いていきたいです。

 

1つめ 学力的にどーなの?という問題

 

最初の難関は入学までのToeflなりのテストだと思います。ここは真摯な努力と気合による根性で乗り切るしかないと思います。でもこの程度の努力は他の道に進んでいる人も望む望まざるにかかわらず必要になる程度のものです。それならば自分で選んだ物を努力するというのは、まぁ悪くないものだと思います。

留学後の日常英語や研究で使う英語は、自覚的に勉強して慣れていけば伸びるものです。その点で案じる必要はないと思います。

留学する人は英語がみんなペラペラでなくてはいけない、みたいな風潮や物言いがありますが、そんなことはありません。その都度に自発的な努力は要されますが、逆に言うと自分の力不足を痛感するごとに己を磨けば良いのです。あと意外と留学経験者で英語が上手くない人は多いです。つまり英語にある程度慣れたあとに、英語がペラペラに見えていた帰国子女や留学経験者の友達の英語が意外と日本語訛りがあることに気づくこともしばしばあるのです。何が言いたいかというと、英語が喋れることや外国で暮らしてきたことを”I am THE man”的というか選民意識的に語る人がいますが、そんなのはチャラく右から左に受け流していれば良いのです。というか英語なんて伝わればいいのです。

 

英語以外の学力ですが、主に化学研究で必要となる物理や数学の知識は日本の大学受験をした人ならば世界的にトップレベルにあるといえると思います。これは研究で大きなアドバンテージになります。また御存知の通り日本は化学大国です。日本の大学だと学部の4年生から研究室入りすることが普通だと思うのですが、化学のキャリアを日本という丁寧かつレベルの高い所でスタートできるのはラッキーなことだといっていいと思います。

 

つまり学力的にはそんなに気負う必要はないということです。その場その場で頑張るぞ!と思っていればオールオーケーです。

 

2つめ 環境的にどーなの?という問題。

 

この問題は例えば親や友達に会いにくい、という問題です。ただこの問題はITが普及していこう劇的に緩和されました 。

例えばほんの15年前だと、emailもそこまで普及しておらず、消息を知るには手紙だけだったと言います。それが今はスカイプを使えば無料でビデオチャットができて、Youtubeを使えば日本の番組がチェックできて、iphoneを使えばどこにいてもつながることができます。そういった意味で世界は劇的に狭くなっています。(ただ逆に言うと昔に留学していた人は勇者だなぁと思います)

さらに例えば留学していなくて国内であっても親元を離れた会社に入ったりどこかに転勤になることを考えると、そこまで一緒にいれることもなかなかない気がします。それは例えば友達とかも同じで、休みの間に日本に帰った時に会えれば、1年に1回は会えるわけで、それは多くはないとはいえ、そこまで少なくはないと思います。

 

ただ例えば遠距離恋愛や家族ののっぴきならない事情などが問題になることもありますし、いろいろと解決しがたい状況が起こることもあります。ただそういうことは不可抗力的なものなのでしょうがない気がします。残念ながら僕はこれを解決する答えを持ちあわせていません。

あとご飯とかは自炊すれば日本食も食えるし、そんなに案ずることはありません。化学者は料理が得意(つまり料理は合成みたいなものだから)なわけで、慣れれば余裕レベルです。

 

つまり環境的にはそんなに気負う必要はないということです。その場その場で頑張るぞ!と思っていればオールオーケーです。

 

3つめ 財力的にどーなの?という問題。

 

学費的にはびっくりするほどのアドバンテージが大学院留学にはあります。前述したように自然科学系のPh.D.コースにはアシスタントシップがつくことが多く、学費免除はおろか生活費まで出してくれるところが少なくありません。また学科からだけではなく、例えばその日本語のクラスの授業を受け持ってアシスタントシップをもらっている友だちもいます。日本の政府や奨学金団体からの融資も普通の留学と比べて格段と多いです。

つまり財力的にはそんなに気負う必要はないということです。その場その場で頑張るぞ!と思っていればオールオーケーです。

 

さいごに

そして一番のキモはどれだけお金をかけて留学しようが、どれだけ勇者的な悲壮感で留学しようが、得られるものは同じということです。僕には経験していない事も多いので一概にまとめるのは難しいのですが、インターネットでMITの授業が無料で見られ、スカイプで格安で英会話が練習できる昨今、留学のみによって得られるものというのは少なくなっている気がしています。強いて言えば英語を喋れる自信とか、多角的な視野というか、違う環境へのリアルな理解とか、そういう抽象的な表現しかできない感覚的なパラダイムの広がりくらいしかなくなってきていると思うのです。そしてそういうものは語学留学だろうが、高校から留学しようが帰国子女だろうがあまり関係ない気がします。

 

つまり大学院留学はそんなに偉いわけでもないし、さらには気負う必要はなどないということです。その場その場で頑張るぞ!と思っていればオールオーケーな気がします。

究極的にエールを送るのならば、ネガティブなことをいう人や大人の意見な皮をかぶった小さくまとまれ的な講釈は、あなたのポテンシャルよりも優れているという保証はないのだからにフットワーク軽く動いてみるのもいいことだと思いますよ!下手な懸念は持つだけ邪魔になります。留学してしまえば、新しい世界はわりとすぐ近くにありますよ。ってなもんです。

 

ビビらず行けよ、行けば分かるさ、ありがとー!

 

(この文章で書かれるケースはあくまで北米の1大学の個人の体験を基にしています。あくまで参考程度に読んでください)

 

関連書籍

関連記事

  1. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  2. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  3. 官能基選択的な 5 員環ブロック連結反応を利用したステモアミド系…
  4. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific E…
  5. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する
  6. 神秘的な海の魅力的アルカロイド
  7. 「脱芳香族的二重官能基修飾化反応の研究」ーイリノイ大学David…
  8. 科学は探究心を与え続けてくれるもの:2016 ロレアル–ユネスコ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士
  2. ノーベル化学賞への道公開
  3. 『分子標的』に期待
  4. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発
  5. 2017年の注目分子はどれ?
  6. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation
  7. このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー
  8. 医薬品への新しい合成ルートの開拓 〜協働的な触媒作用を活用〜
  9. フッ素ドープ酸化スズ (FTO)
  10. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP