[スポンサーリンク]

スポットライトリサーチ

液相における粒子間水素移動によって加速されるアルカンとベンゼンの脱水素カップリング反応

[スポンサーリンク]

第307回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 応用化学系(本倉研究室)・高畠 萌さんにお願いしました。

変換の足がかりのない不活性分子であるアルカンの加工は、工業的に重要でありつつも実施に困難を極めています。このような高難度変換を実現しうる触媒開発研究は今なお最先端トピックです。今回の研究ではベンゼンとの直接カップリングが高効率で進行する新たな固体触媒の開発に成功しています。本成果は創刊されたばかりのオープンアクセスジャーナルJACS Au誌 原著論文およびプレスリリースに公開されています。

“Dehydrogenative Coupling of Alkanes and Benzene Enhanced by Slurry-Phase Interparticle Hydrogen Transfer”
Moe Takabatake, Ayako Hashimoto, Wang-Jae Chun, Masayuki Nambo, Yuichi Manaka, Ken Motokura* JACS Au 2021, 1, 124–129. doi:10.1021/jacsau.0c00070

研究室を主宰されている本倉 健 教授から、高畠さんについて以下の人物評を頂いています。それでは今回もインタビューをお楽しみください!

高畠さんは私が東京工業大学物質理工学院在職中に、研究室に4年生として配属されました。良くも悪くもとにかく大きな声が彼女の魅力です。私の研究室は東工大すずかけ台キャンパスにあり、4年生から配属される学生数は多くないのですが、思い切って当研究室を志望してくれたことを嬉しく思っています。その後、修士課程、さらには2021年4月より博士課程へと進学してくれて、引き続き一緒に研究できることに感謝しています。当研究室では、活性化の難しい安定な分子、例えばシンプルなアルカンや二酸化炭素を活性化するための固体触媒の開発を目指しており、テーマが難しく上手くいかないことが多々あります。高畠さんはアルカン活性化に果敢に挑戦し、ベンゼンとの直接反応を成功させるだけでなく、液相系では初と思われる触媒粒子間水素移動現象の提案に至りました。本研究成果は固体触媒による液相合成反応における新たな可能性を拓くものであり、今後の展開を楽しみにしています。引き続き緻密な触媒設計・構造解析のスキルに磨きをかけ、大胆な反応条件設定・常識破りの反応機構想定によって、さらにハイインパクトな成果が博士課程では得られると期待しています。本倉は2021年4月より研究室の拠点を横浜国大に移しておりますが、東工大での教育・研究も兼務させていただいて高畠さんの指導を引き続き行う予定です。ともに心機一転、良い成果を目指して頑張りますので、今後ともご指導をよろしくお願いいたします。

Q1. 今回プレスリリースとなったのはどんな研究ですか?簡単にご説明ください。

本研究では、アルカンとベンゼンの脱水素カップリング反応において、固体酸であるアルミニウム交換モンモリロナイト(Al-mont)に固体塩基であるハイドロタルサイト担持Pd (Pd/HT) を添加することで大幅に反応効率が向上することを見出しました。Pd/HTのみではアルキル化反応は進行しなかったことから(Table 1)、Al-montとPd/HTの粒子間の協奏効果によって反応が加速されていると言えます。反応前後の触媒構造解析や、重水素同位体置換実験、種々のコントロール実験の結果から、固体酸におけるアルキルベンゼン生成において副生した水素原子が粒子間水素移動によってHTへと移動し、Pd粒子上で再結合が促進される反応経路が示唆されます(Figure 1)。

Table 1

Figure 1

2つの触媒の組み合わせは、優れた活性を示し、n-ヘプタンとベンゼンの反応において最大でベンゼン転化率21%を達成、種々のアルカンへの適応や混合触媒の再利用も可能であることがわかりました(Figure 2)。

Figure 2

Q2. 本研究テーマについて、自分なりに工夫したところ、思い入れがあるところを教えてください。

本研究のすべてに思い入れがあるといっても過言ではありません。この研究は、指導してくれる先輩や前任者がいない中、指導教員の本倉先生にご指導いただきながら立ち上げました。学部4年の初めての研究室配属の際に前任者や直属の先輩がいないことはとても不安でしたが、今回このように、自分で立ち上げて行ってきた研究の成果を、論文という形で発表できたことは、とても嬉しく思っています。

Q3. 研究テーマの難しかったところはどこですか?またそれをどのように乗り越えましたか?

この研究の難しかったところは、反応機構の推定および証明です。複数種類の固体触媒の混合系による触媒反応の報告は少なく、本研究で提案する反応機構を着想するまでに長い時間がかかりました。指導教員の本倉先生から、多くのアドバイスをいただき、ディスカッションする中で、上述した反応機構を着想しました。さらに、この反応機構の証明には同等に長い時間を費やしました。様々な実験を行い、完全ではないものの、粒子間の水素移動を実証し反応機構の提案に至りました。今後さらなる検討を行い、より詳細な反応機構の証明を行いたいと考えています。

Q4. 将来は化学とどう関わっていきたいですか?

将来の具体的なビジョンはまだありませんが、化学と密接に関わり、技術の発展に貢献できるようになりたいです。そのためにも様々なことにチャレンジしていければと思います。

Q5. 最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

最後まで御覧いただきありがとうございます。少しでも固体触媒に興味を持っていただければ幸いです。
最後に、指導教員の本倉健先生、眞中雄一先生および研究室の皆様、共同研究にてお世話になりました田旺帝先生、橋本綾子様にこの場をお借りして感謝申し上げます。また、この度スポットライトリサーチにて研究紹介の機会を下さったChem-Stationスタッフの皆様にも深く御礼申し上げます。

研究者の略歴

名前:高畠 萌
所属:東京工業大学 物質理工学院 応用化学系

略歴:
2019年3月 東京工業大学 工学部 化学工学科 卒業
2021年3月 東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 修士課程 修了
2021年4月 東京工業大学 物質理工学院 応用化学系 博士後期課程
2021年4月 日本学術振興会特別研究員 DC1

受賞歴:
2019年 「第24回 JPIJS若手研究者のためのポスターセッション」最優秀ポスター賞
2020年「第10回CSJ化学フェスタ 2020」優秀ポスター賞
2021年「第127回触媒討論会」優秀ポスター賞

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開…
  2. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る
  3. Callipeltosideの全合成と構造訂正
  4. 基礎有機化学討論会開催中
  5. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  6. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)
  7. コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)
  8. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】
  2. シュテルン-フォルマー式 Stern-Volmer equation
  3. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  4. 原子のシート間にはたらく相互作用の観測に成功
  5. DNAに人工塩基対を組み入れる
  6. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える
  7. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ2017応募始まる
  8. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎
  9. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  10. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP