[スポンサーリンク]

一般的な話題

化学者のためのエレクトロニクス講座~フォトレジスト編

[スポンサーリンク]

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレクトロニクス産業で活躍する化学や材料のトピックスを詳しく掘り下げて紹介します。今回は、現代にいたるフォトレジストの歩みについて触れていきます。

Photoresist

フォトレジスト(画像:Wikipedia

初期のゴム系レジスト

フォトリソグラフィ技術の黎明は、1955年、ベル研究所のJules AndrusとWalter L. Bondによって開発されたものに遡ります。これは写真技術を応用したもので、写真用品で著名なEastman Kodak社のKPR(Kodak Photoresist)が使われました。KPRはゴム感光材を添加することで露光により架橋するもので、基板との密着性を優先させたものでした。しかしながら、フォトマスクがレジストと密着するコンタクト露光方式のため、マスクの解像度がレジストの解像度を規定してしまう点など、微細加工には限界がありました。

ゴム系ネガ型レジストの架橋反応(画像:Wikipedia

ポジ型フォトレジストの席巻

微細加工を行う上では、フォトマスクとレジスト表面とを非接触の状態で露光する投影露光方式に適し、より解像度の高いポジ型フォトレジストが有利です。しかしながら、ポジ型レジストは脆性が高く膜割れしやすいという欠点があり、米国企業のネガ型フォトレジストが主流となっていました。

東京応化工業はこうしたポジ型フォトレジストの改良に取り組み、その結果ノボラック樹脂を基盤とし、感光剤としてNQD(ナフトキノンジアジド)を用いたレジストを開発しました。

これは塩基性の現像液であるTMAH(テトラメチルアンモニウムヒドロキシド)に不溶ですが、光によってカルベンが発生、ウルフ転位(Wolff rearrangement)と続く求核攻撃によってインデンカルボン酸を与え、可溶化する仕組みです。

ウルフ転位を利用した初期のポジ型レジスト(画像:Wikipedia

これによってg-line(436nm)や i-line(365nm)での縮小露光が可能となり、大いに微細化に貢献しました。とりわけi線分野では老舗の東京応化工業に加えて住友化学も大きくシェアを伸ばしました。しかしながら、ノボラック樹脂はより短波長の光を吸収してしまうため、この露光波長が解像度の限界でした。

光酸発生剤と化学増幅型レジスト

従来の水銀灯と比べて短波長の光源として、かねてよりエキシマレーザーの利用が脚光を浴びていました。KrFエキシマレーザー光(248nm)は先のノボラック樹脂に吸収されてしまうことから、水酸基を保護したポリヒドロキシスチレン(PHS樹脂へと変更、IBMの伊藤洋とC. G. Wilsonが開発した光酸発生剤を用いた酸触媒反応により脱保護を行うことで溶解性を変化させる手法が確立されました。このようなレジストは化学増幅型レジストと呼ばれます。

光酸発生剤としてはスルホニウム塩が、保護基としてはBocが広く利用され、露光するとフェノール性水酸基が露出して塩基に可溶となります。

この分野では東京応化工業に並び、信越化学工業も名乗りを上げるなど、多極化が進みました。

化学増幅型レジストの原理(画像:Wikipedia

エキシマレーザーと液浸の普及

その後、より短波長のArFエキシマレーザー(193nm)がもちいられるようになると、KrFレジストに用いられていたベンゼン骨格に二重結合をもつPHS樹脂はこれを吸収してしまうため、アクリル樹脂が利用されるようになります。この技術はJSR、富士通、日本電気(NEC)も開発に成功し、JSRが首位に躍り出るなど一層の多極化が進んでいます。

ArF対応レジストの一例(画像:Wikipedia

また、ArFでは、フォトマスクとレジストの間に水の層を作って露光する液浸が本格的に普及し、解像度の向上に寄与しました。

次世代EUVレジスト

微細化の要求は日に日に高まりを見せ、2020年現在では10 nm以下の解像度が求められるようになっています。その実現のため、極端紫外線EUV(13.5nm)の時代が幕を開けようとしています。この波長域はもはやX線に近く、ほとんどの物質が吸収してしまうために液浸はおろか、真空中での露光が必要となります。EUVレジストには従来通り光酸発生剤を起点とする方式のほか、露光によるベース樹脂の電離(イオン化を用いて励起するアプローチ[1]もあります。後者には、EUV光の吸収特性が良好な含フッ素樹脂の利用が嘱望されています。

様々な技術的困難を乗り越えたフォトリソグラフィ技術が今後どのような発展をたどるのか、楽しみですね。

参考文献

[1] 征矢野 晃雅, フォトレジスト材料における高分子材料技術, 日本ゴム協会誌, 2012, 85 巻, 2 号, p. 33-39, 公開日 2013/08/02, Print ISSN 0029-022X, doi:10.2324/gomu.85.33

関連リンク

東京応化工業 フォトレジストの歴史

日本半導体歴史館

戦後日本のイノベーション100選

関連書籍

 

berg

berg

投稿者の記事一覧

化学メーカー勤務。学生時代は有機をかじってました⌬
電気化学、表面処理、エレクトロニクスなど、勉強しながら執筆していく予定です

関連記事

  1. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?
  2. 論文コレクター必見!WindowsでPDFを全文検索する方法
  3. 酒石酸にまつわるエトセトラ
  4. 史上最も不運な化学者?
  5. タミフルの新規合成法・その4
  6. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  7. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成
  8. アズレンの蒼い旅路

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ
  2. エノラートの酸化的カップリング Oxidative Coupling of Enolate
  3. 第123回―「遺伝暗号を拡張して新しいタンパク質を作る」Nick Fisk教授
  4. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合教授-
  5. イスラエルの化学ってどうよ?
  6. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  7. 関東化学2019年採用情報
  8. 嘉部 量太 Ryota Kabe
  9. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん
  10. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳2022

毎年これが届くと、ああもう今年も終わりかあと思うようになりました。そう、読者…

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP