[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger

 

ノーマン・L・アリンジャー(Norman L. Allinger、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの計算化学者である(写真:Allinger Research Lab)。米ジョージア大学名誉教授。

経歴

1951 カリフォルニア大学バークリー校 卒業
1954 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士号取得
1954 Wayne州立大学
1969 ジョージア大学 教授

 

受賞歴

2002 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

計算化学における分子力学法(Molecular Mechanics;MM)の確立

MM2、MM3、MM4などの計算プログラムを考案し、開発した。

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] Allinger, N. L. J. Am. Chem. Soc. 1977, 99, 8127.

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  2. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  3. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  4. 堀場雅夫 Masao Horiba  
  5. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  6. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  7. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  8. ディーン・タンティロ Dean J. Tantillo

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リンダウ会議に行ってきた③
  2. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  3. 抽出精製型AJIPHASE法の開発
  4. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Indole Synthesis
  5. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  6. 「温故知新」で医薬品開発
  7. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  8. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement
  9. アスタチンを薬に使う!?
  10. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP