[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ノーマン・アリンジャー Norman A. Allinger

[スポンサーリンク]

 

ノーマン・L・アリンジャー(Norman L. Allinger、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの計算化学者である(写真:Allinger Research Lab)。米ジョージア大学名誉教授。

経歴

1951 カリフォルニア大学バークリー校 卒業
1954 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 博士号取得
1954 Wayne州立大学
1969 ジョージア大学 教授

 

受賞歴

2002 ベンジャミンフランクリンメダル

 

研究概要

計算化学における分子力学法(Molecular Mechanics;MM)の確立

MM2、MM3、MM4などの計算プログラムを考案し、開発した。

 

コメント&その他

 

関連文献

[1] Allinger, N. L. J. Am. Chem. Soc. 1977, 99, 8127.

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  2. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmos…
  3. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  4. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  5. プラサナ・デ・シルバ A Prasanna de Silva
  6. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribb…
  7. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  8. 春田 正毅 Masatake Haruta

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「関口存男」 ~語学の神様と言われた男~
  2. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  3. 天然物界70年の謎に終止符
  4. 君には電子のワルツが見えるかな
  5. <アスクル>無許可で危険物保管 消防法で義務づけ
  6. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation
  7. 電流励起による“選択的”三重項励起状態の生成!
  8. 学生・ポスドクの方、ちょっとアメリカ旅行しませんか?:SciFinder Future Leaders 2018
  9. 情報守る“秘密の紙”開発
  10. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

白い器を覆っている透明なガラスってなんだ?

白い器を覆っている"透明なガラス"が何から出来ているのか気になりませんか?今回は、皆さんがよく目にす…

林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学

雑誌「現代化学」の特集インタビュー記事から、東北大学林雄二郎先生のインタビュー(2019年5月号掲載…

『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)、科学技術館にて開催

化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、2019年8月3日(土)~4日(日)の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP