[スポンサーリンク]

化学地球儀

韮崎大村美術館

韮崎大村美術館は、世界的な天然物有機化学者、大村智博士によって創設された美術館です。(写真:韮崎大村美術館

概要

河川盲目症と呼ばれる感染症の特効薬・イベルメクチン発見の業績によって世界的に著名な天然物化学者・大村智博士(2015年のノーベル医学・生理学賞を受賞しました!おめでとうございます!!)。彼はまた、芸術にも造詣が深いことで知られていました。

数々の美術品を収集してきた大村氏は2007年に2億円の私費を投じ、自らの故郷である山梨県韮崎市に美術館を創設。自らのコレクション1000点余を寄贈し、初代館長も勤めました。

女子美術大学出身者をはじめとした、日本を代表する女流作家の作品を中心とした展示が行われていることが特徴です。

マップ


大きな地図で見る

参考文献

  1. Omura, S. “Microbial metabolites: 45 years of wandering, wondering and discovering” Tetrahedron 2011, 67, 6420. doi:10.1016/j.tet.2011.03.117

関連書籍

関連リンク

韮崎大村美術館 公式サイト

大村智 – Wikipedia

産学連携で北里研究所に250億円を導入した大村智博士 (発明コラム)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. イトムカ鉱山
  2. フィリピン海溝
  3. ノーベル街道起点
  4. リンダウ島インセルホール
  5. サントリー白州蒸溜所
  6. 韮山反射炉
  7. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  8. 石見銀山遺跡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー
  2. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement
  3. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  4. 2010年人気記事ランキング
  5. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  6. Wiley社の本が10%割引キャンペーン中~Amazon~
  7. アミジルラジカルで遠隔位C(sp3)-H結合を切断する
  8. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  9. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base
  10. 2007年秋の褒章

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(ア…

近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP