[スポンサーリンク]

ケムステニュース

新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資

[スポンサーリンク]

日本石油は30日、2007年度までの3年間で、原油や天然ガスなど資源開発に2000億円を投資すると発表した。02―04年度実績の1210億円から7割近く積み増す。原油高と世界的な資源争奪を受け、開発部門を強化。石油化学、電力小売りと合わせた重点3分野に3200億円を投資する。

 地下資源開発は東南アジアなど4カ所を重点エリアとし、開発済み鉱区の買収や、未開発鉱区の探鉱に投資する。04年度に1日あたり平均11万バレルの自社開発原油を07年度に18万バレルに引き上げる。 (引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成
  2. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  3. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化…
  4. 電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材
  5. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  6. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  7. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  8. 抗菌目薬あす発売 富山化学工業 国内初の小児適用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タミフルの新規合成法・その3
  2. 黎书华 Shuhua Li
  3. 水をヒドリド源としたカルボニル還元
  4. ブレオマイシン /Bleomycin
  5. 武装抗体―化学者が貢献できるポイントとは?
  6. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  7. 村橋 俊一 Shunichi Murahashi
  8. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新
  9. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明
  10. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP