[スポンサーリンク]

ケムステニュース

新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資

[スポンサーリンク]

日本石油は30日、2007年度までの3年間で、原油や天然ガスなど資源開発に2000億円を投資すると発表した。02―04年度実績の1210億円から7割近く積み増す。原油高と世界的な資源争奪を受け、開発部門を強化。石油化学、電力小売りと合わせた重点3分野に3200億円を投資する。

 地下資源開発は東南アジアなど4カ所を重点エリアとし、開発済み鉱区の買収や、未開発鉱区の探鉱に投資する。04年度に1日あたり平均11万バレルの自社開発原油を07年度に18万バレルに引き上げる。 (引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アルコール依存症患者の救世主現る?
  2. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に
  3. 米国もアトピー薬で警告 発がんで藤沢製品などに
  4. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12…
  5. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  6. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  7. 旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019…
  8. マンダムと京都大学、ヘアスタイルを自然な仕上がりのままキープする…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Whitesides教授が語る「成果を伝えるための研究論文執筆法」
  2. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  3. ACS Macro Letters創刊!
  4. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成
  5. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  6. 最近の有機化学注目論文1
  7. 海の生き物からの贈り物
  8. 飯島澄男 Sumio Iijima
  9. 化学者も参戦!?急成長ワクチン業界
  10. レビュー多くてもよくね?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP