[スポンサーリンク]

ケムステニュース

L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者

ジアゼパム レオ・スターンバック氏(精神安定剤ジアゼパム開発者)米紙ワシントン・ポストによると9月28日、ノースカロライナ州の自宅で死去、97歳。

 1908年、オーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)生まれ。スイスの製薬企業ロシュ社の研究者だった41年、同社のユダヤ人研究者全員が欧州を離れた際、米国へと逃れた。


 59年にジアゼパムを開発、同社が「バリウム」の商品名で販売した。既存の薬より少ない用量で多くの症状に効果がみられたことから米国では70年代に爆発的に売れ、有名人も多数服用するなど、社会現象の一つになった。(引用:神戸新聞)


 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  2. 112番元素が正式に周期表の仲間入り
  3. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益…
  4. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  5. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  6. アミンの新合成法
  7. アムロジンのデータ資料返還でファイザーが住友化学に仮処分命令申立…
  8. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター
  2. 鋳型合成 Templated Synthesis
  3. 2013年就活体験記(1)
  4. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  5. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction
  6. 近況報告PartIV
  7. 書物から学ぶ有機化学 3
  8. フランシス・アーノルド Frances H. Arnold
  9. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発
  10. 幾何学の定理を活用したものづくり

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP