[スポンサーリンク]

ケムステニュース

L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者

[スポンサーリンク]

ジアゼパム レオ・スターンバック氏(精神安定剤ジアゼパム開発者)米紙ワシントン・ポストによると9月28日、ノースカロライナ州の自宅で死去、97歳。

 1908年、オーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)生まれ。スイスの製薬企業ロシュ社の研究者だった41年、同社のユダヤ人研究者全員が欧州を離れた際、米国へと逃れた。


 59年にジアゼパムを開発、同社が「バリウム」の商品名で販売した。既存の薬より少ない用量で多くの症状に効果がみられたことから米国では70年代に爆発的に売れ、有名人も多数服用するなど、社会現象の一つになった。(引用:神戸新聞)


 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局
  2. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  3. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  4. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催
  5. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  6. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  7. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  8. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「触媒的オリゴマー化」によるポリピロロインドリン類の全合成
  2. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調
  3. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation
  4. とあるカレイラの天然物〜Pallambins〜
  5. 人前ではとても呼べない名前の化合物
  6. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ
  7. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑨:トラックボールの巻
  8. これならわかる マススペクトロメトリー
  9. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  10. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

白い器を覆っている透明なガラスってなんだ?

白い器を覆っている"透明なガラス"が何から出来ているのか気になりませんか?今回は、皆さんがよく目にす…

林 雄二郎博士に聞く ポットエコノミーの化学

雑誌「現代化学」の特集インタビュー記事から、東北大学林雄二郎先生のインタビュー(2019年5月号掲載…

『夏休み子ども化学実験ショー2019』8月3日(土)~4日(日)、科学技術館にて開催

化学の学会ならびに産業界で組織する「夢・化学-21」委員会は、2019年8月3日(土)~4日(日)の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP