[スポンサーリンク]

医薬品

コルチスタチン /Cortistatin

[スポンサーリンク]

cortistatinA.gif
コルチスタチン(Cortistatin)類は、インドネシア産海綿 Corticium simplex から単離された、ステロイド骨格を有するアルカロイドの一種。

  • 歴史・用途

 2006年に単離[1]。各種類縁体が知られているが、その中でもコルチスタチンAは、ヒト臍帯静脈血管内皮細胞 (HUVECs) の成長を、非常に強力かつ高選択的に阻害することが知られている。すなわち血管新生阻害作用による、新しいメカニズムの抗ガン剤リードとして多大な注目を集めている。

  • 合成法

その特徴的構造、および大変に興味深い生物活性から、世界中の研究室にて合成競争が行われているホットな化合物の一つ[2]
Baranらによる半合成ルート[3]のキープロセスを一例として以下に示す。

cortistationA_2.gif
  • 関連文献
[1]  Aoki, S.; Watanabe, Y.; Sanagawa, M.; Setiawan, A.; Kotoku, N.; Kobayashi, M. J. Am. Chem. Soc. 2006, 128, 3148. doi: 10.1021/ja057404h
[2] review: Nising, G. F.; Brase, S. Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 47, 9389. DOI: 10.1002/anie.200803720
[3] Shenvi, R. A.;  Guerrero, C. A.; Shi, J.; Li, C.-C.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 7241 doi: 10.1021/ja8023466

  • 関連書籍

  • 関連リンク

Cortistatin類の化学構造

Nature Chemistry: Research Highlight ― ラジカルで救われる

Cortistatin A (TotallySynthetic.com)

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ボルテゾミブ (bortezomib)
  2. バニリン /Vanillin
  3. コエンザイムQ10 /coenzyme Q10
  4. オキサリプラチン /oxaliplatin
  5. ジブロモインジゴ dibromoindigo
  6. チアミン (thiamin)
  7. 亜酸化窒素 Nitrous oxide
  8. ポリ乳酸 Polylactic Acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステのライターになって良かったこと
  2. ゲルハルト・エルトゥル Gerhard Ertl
  3. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より
  4. 二光子吸収 two photon absorption
  5. A-Phosパラジウム錯体
  6. MT-スルホン MT-Sulfone
  7. 100兆分の1秒を観察 夢の光・XFEL施設公開
  8. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger
  9. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法
  10. キャロル転位 Carroll Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP