[スポンサーリンク]

ケムステしごと

Spiber株式会社ってどんな会社?

[スポンサーリンク]

Spiber株式会社は、微生物による発酵(ブリューイング)プロセスを用いた構造タンパク質素材「Brewed Protein™(ブリュード・プロテイン™)」を開発するバイオベンチャー企業です。私たちは、社会に提供できる価値を最大化させるための一つの手段がタンパク質素材の実用化であると考え、日々研究開発及び素材の製造に取り組んでいます。

次世代の新素材「Brewed Protein™(ブリュード・プロテイン™)」

Brewed Protein™とは、植物由来の糖類を主原料に使用し、Spiber 独自の発酵(ブリューイング)プロセスによりつくられる構造タンパク質です。

進化のプロセスと同じように、分子レベルでの改良を繰り返すことにより、用途に応じて素材の特長をデザインすることが可能です。また、加工方法を変えることで、繊維、フィルム、レジンなど幅広いアプリケーションに形を変えることもできるため、用途は無限大です。特に、アパレル分野における脱石油・脱アニマル、そして輸送分野における軽量化など、様々な産業のニーズに対し、大きな役割を果たせる可能性を秘めています。

すでに素材の製造工程は確立しており、現在はこの素材の更なる量産化を目指しています。タイでは2021年3月に量産プラントが竣工。近く試運転を開始し、2021年内には商業生産の開始を見込んでいます。同時に米国でも量産の準備を進めており、こちらは数年後の稼働を目指しています。

持続可能な社会の実現を目指して、日々素材の研究開発及び製造に取り組んでいます。

Brewed Protein™ から作られた様々な成形品

 

会社は社会のためにある

これは私たちが大切にしている理念です。環境汚染や消費社会の拡大など、地球規模で解決しなければならない課題に対して、私たちは事業を通して、その解決策の一つとなることを目指しています。

研究開発、そして開発した素材の製造が主な事業内容ではありますが、世界の課題に対して科学だけではなく、様々な方向から取り組んでいます。

【やまのこ保育園】
未来そのものである子どもたちの教育サポートを含めた包括的な環境づくりと、新たな教育のあり方を探求するため、企業主導型保育所を自社運営しています。Spiberの理念に基づいた願いをもとに、子どもたちと共に循環型の暮らしをつくることを目指しています。職人が心を込めて作ったガラスの食器を使ったり、ミミズコンポストで豊かにした土を使って作物を作り、それを食事にしていただいたりと「今を幸福に生きる」「地球に生きているという感受性をもつ」ことを柱に運営しています。

【「自己申告制」の給与制度】
給与は6年前より「自己申告制」というユニークな方法で行っています。給与改定が年に1~2回設定されており、会社の経営状況、自分の成長・貢献度、チーム内でのバランス、生活の幸福度など様々な視点から自分の給与を設定することになります。こちらは全社員に公開されるようになっており、「最適解は人の数だけある」という前提に立って、お互いの信頼を元に成り立っています。「限りある資源をみんなで分け合う」という考え方から来ているので、今のところ給与が高騰するといった状況には至っていません。こちらも社会実験の一つとして考え、毎回方法を模索しながら最適を目指して取り組んでいます。

循環型の生活を体感する子どもたち

 

社員のWell-beingを追求する

人は、それぞれにユニークな存在であり、力を発揮するための最適な方法・環境が異なるため、多様性が認められていることは、各人の価値を最大化するために不可欠な要素です。そのためには、極めて柔軟な組織形態を維持しつつ、チームワークを高めなければなりません。

自由度の高い組織形態・ワークスタイルを示す一例として、全社員に開かれた経営会議、所属チームに縛られず、他のチーム(時には他の組織へも)の仕事への参画の奨励、フレックスタイム制の導入などがあげられます。社員が最も力を発揮しやすい環境づくりを考えており、最近では新型コロナウイルス感染予防策として始まった在宅勤務が、働き方の一つとして定着しつつあります。

また、本社2Fのオフィスは壁がなく、半分以上をフリーデスクが占め、チーム以外の社員との交流を促しています。カフェやキッチンなども全てオープンスペースの中にあり、様々なチームの社員同士が会話をすることで新しいアイデアや考え方を学ぶ機会となっています。
現在、在宅勤務が推奨されている関係で、上記同様のコミュニケーションは難しくなってきていますが、遠隔でもそれぞれがコミュニケーションを取れるように、社内SNSを利用して社員同士のカジュアルなコミュニケーションの場を作るなど、社員の働く環境についてもより良いものをと、日々試行錯誤しながら進めています。

ポジティブでオープンな雰囲気。新しいこと・楽しいことに積極的であること。挑戦を奨励し、寛容(Nice try!)の精神で受けとめること。互いの価値を認めあうこと。これらを守ろうとする強い心を一人ひとりが持つことで「文化」が育まれると考えています。

本社オフィス風景(2019年撮影)

 

Spiber株式会社関連リンク集

以下にSpiberをより深く知っていただくための情報Linkをご紹介させていただきますので、ぜひご覧ください。

何かご質問等ございましたら、
採用に関する質問は recruiting@spiber.inc
その他のお問い合わせに関しては弊社ホームページのコンタクトフォーム( https://www.spiber.inc/contact/ )よりご連絡ください。

【Spiber株式会社HP:Newsページ】
プレスリリースやイベント情報等がご覧いただけます。
https://www.spiber.inc/news/

【やまのこ保育園HP】
https://yamanoko.org/

【Spiber(Thailand)Ltd. HP】
https://www.spiber.inc/en/thailand/

山形県鶴岡市のパイロット工場

 

Spiber株式会社の基本情報

会社名 Spiber株式会社
本社所在地 〒997-0052 山形県鶴岡市覚岸寺字水上234番地1
事業所 タイ
Spiber (Thailand) Ltd.
Eastern Seaboard Industrial Estate
300/155  M.1  T.Tasit,  A.Pluakdaeng,  Rayong、21140, THAILAND米国
Spiber Holdings America Inc.
1209 Orange Street, Wilmington, Delaware 19801, USASpiber America LLC
1209 Orange Street, Wilmington, Delaware 19801, USA
事業内容 新世代バイオ素材開発
創業 2007年9月26日
 資本金 354億円(資本剰余金含む)
 売上高 2億円(2019年12月期)
 従業員数 237名(2021年4月1日現在)
 ホームページ https://www.spiber.inc/

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級…
  2. アルキンから環状ポリマーをつくる
  3. 再生医療ーChemical Times特集より
  4. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤…
  5. レビュー多くてもよくね?
  6. ゲルのやわらかさの秘密:「負のエネルギー弾性」を発見
  7. 研究室でDIY!割れないマニホールドをつくろう・改
  8. Arborisidineの初の全合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 周期表の歴史を振り返る【周期表生誕 150 周年特別企画】
  2. 兄貴達と化学物質+α
  3. 計算化学:汎関数って何?
  4. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  5. 多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~
  6. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果
  7. 第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授
  8. その化合物、信じて大丈夫ですか? 〜創薬におけるワルいヤツら〜
  9. 特許の基礎知識(2)「発明」って何?
  10. 個性あるジャーナル表紙

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年4月
« 3月   5月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

注目情報

最新記事

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

吉野彰氏が2021年10月度「私の履歴書」を連載。

今年の10月はノーベル化学賞が有機化学分野から出て、物理学賞を真鍋淑郎先生が受賞して、非常に盛り上が…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP