[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement

 

概要

β-アミノアルコールを亜硝酸で処理すると、環拡大したケトンが生成物として得られる。原料は、ケトンへのHCN
or ニトロメタンの付加、それに続く還元により得られる。

 

基本文献

 

反応機構

n-on-24.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  2. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  3. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  4. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid…
  5. ピクテ・スペングラー反応 Pictet-Spengler Rea…
  6. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reacti…
  7. トラウベ プリン合成 Traube Purin Synthesi…
  8. プラトー反応 Prato Reaction

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylation
  2. シリンドロシクロファン生合成経路の解明
  3. 理想のフェノール合成を目指して~ベンゼンからフェノールへの直接変換
  4. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing
  5. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  6. 付設展示会に行…けなくなっちゃった(泣)
  7. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  8. スピノシン Spinosyn
  9. 触媒討論会に行ってきました
  10. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP