[スポンサーリンク]

化学一般

Medical Gases: Production, Applications, and Safety

内容

タイトルの通り、医療で使われるガスとそのボンベについて解説している本で、ガスの基本的性質、製造プロセス、分析方法、取り扱い方について解説しています。また、ガスは通常シリンダーと呼ばれる高圧容器に充填されて販売されていますが、そのシリンダーの種類や製造方法についても紹介しています。

 

筆者紹介

筆者は、Hartwing Mullerで、1977年にドイツで博士号を取得後、Messer Griesheimというドイツのガス会社に入社し、長年医療ガスの仕事に従事してきました。2004年にMesser GriesheimがAir Liquideに買収されてからは、国際的な医療ガスのプロジェクトに参加し2014年に退職しました。

 

解説

病院に置いてあるガスというと酸素ぐらいしか思いつかないかもしれませんが、化学実験でもよく使う窒素や二酸化炭素、一酸化二窒素、クリプトン、キセノンなども医療現場では使われているそうで、それらのガスについてこの本では詳しく解説しています。冷媒として合成実験に不可欠な液体窒素に関してもこの本では大きく取り上げられています。また安全に関する内容に関しても、17ページに渡って危険性などを詳しく紹介していて、不活性なガスである窒素のボンベであっても危険性はたくさんあるのでガス種に限らず慎重な扱いが必要であると提起しています。このように、他の書籍では紹介していない重要な内容が網羅的に含まれている本なので化学者にも読んでいただきたい本です。ちなみに本文中では、EUの規則で紹介しているため、日本の法令や規則とは異なる場合があります。例えば、下記のようにガスの容器の色は日本とEUでは異なります。

cli_color

日鉄住金機工株式会社HPより

20110927_54125_443x333_118410_31062

BOC(英国のガス会社) HPより

 

ガス分析

研究分野で役立つ内容としてはガスの分析が挙げられ、一通りの機器分析が掲載されています。液体や固体の場合とは分析方法が大きく異なり、例えば、ガスクロマトグラフィーの場合では、ガスラインからインジェクションポートを通さずに直接カラムに接続して分析します。このようにガス特有の分析方法について解説してあり、ガスの研究に興味がある方には必見の本です。

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  2. ハートウィグ有機遷移金属化学
  3. 2009年7月人気化学書籍ランキング
  4. 有機反応の仕組みと考え方
  5. Name Reactions: A Collection of …
  6. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  7. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  8. 分子光化学の原理

コメント

  1. 英国:白=酸素、日本:白=アンモニア、他の色もだけど、間違えると大変そう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム
  2. 振動結合:新しい化学結合
  3. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium Dodecacarbonyl
  4. トムソン・ロイター:2009年ノーベル賞の有力候補者を発表
  5. 論文投稿・出版に役立つ! 10の記事
  6. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Transformation with Tin Acetal
  7. 美術品保存と高分子
  8. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)
  9. マイヤー・シュスター転位/ループ転位 Meyer-Schuster/Rupe Rearrangement
  10. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PDT)

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Brønsted酸触媒とヒドロシランによるシラFriedel-Crafts反応

本記事では, Martin Oestreich教授 (ベルリン工大) らが昨年報告した「Brønst…

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP