[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

マックス・プランク Max Planck

Max Planck

マックス・カール・エルンスト・ルードヴィヒ・プランク(Max Karl Ernst Ludwig Planck、1858年4月23日-1943年10月4日)は、ドイツの理論物理学者である。1918年にノーベル物理学賞を受賞。量子論の開祖の一人。(写真:Wikimedia)

経歴

1879 ミュンヘン大学 博士号取得(Gustav Kirchhoff教授、Hermann von Helmholtz教授)
1880 ミュンヘン大学 講師
1885 キール大学 教授
1888 ベルリン大学へ異動
1892 ベルリン大学 教授
1894 プロイセン科学アカデミー会員
1909 コロンビア大学 講師
1912 プロイセン科学アカデミー書記
1913 ベルリン大学 総長
1926 ベルリン大学を退職
1930-1937 ウィルヘルム皇帝協会(後のマックスプランク協会) 会長

受賞歴

1918 ノーベル物理学賞

研究業績

放射に関するプランクの法則の発見

黒体輻射に関する理論的な研究を行う過程で、光のエネルギーがある最小単位の整数倍値しかとれない(量子化されている)との仮説を打ち出した。この最小単位に関する定数hはプランク定数と名付けられ、物理学の基礎定数の一つになっている。

名言集

コメント&その他

  • 音楽にも優れた才能を示していた。
  • 彼の名を冠するマックス・プランク研究所はドイツの科学研究の中心地である。現代でも分野を問わず様々な画期的発見を生み出し続ける、世界有数の研究機関である。
  • プランクの法則を元に後の科学者が量子力学を確立することになったため、「量子力学の父」とも呼ばれる。
  • アインシュタインが打ち立てた「相対性理論」の名付け親でもある。

関連動画

関連文献
関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2015-06-07_21-47-02 フレーザー・ストッダート James Fraser Stodda…
  2. Richard R.Schrock リチャード・シュロック Richard R.Schrock
  3. Corey系譜β版
  4. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  5. 2015-12-02_10-27-34 ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach
  6. 2014-10-17_19-27-52 上村 大輔 Daisuke Uemura
  7. 長井長義 Nagayoshi Nagai
  8. ピーター・リードレイ Peter Leadlay

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

.
.

ピックアップ記事

  1. もっと化学に光を! 今さらですが今年は光のアニバーサリーイヤー Battle with light sabers
  2. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ
  3. トロスト酸化 Trost Oxidation trost.13
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①
  5. Gabriel試薬類縁体
  6. iPhoneやiPadで化学!「デジタル化学辞典」
  7. ウェルナー・ナウ Werner M. Nau
  8. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  9. ケイ素半導体加工に使えるイガイな接着剤
  10. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodide Synthesis 2014-08-21_22-47-04

注目記事

関連商品

注目情報

.
.
.
.

試薬検索:東京化成工業



最新記事

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-15-00-20 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

内容有機分子触媒は,取扱いの容易さだけでなく,環境負荷の軽減やレアメタルの枯渇・高騰といった…

border-security-380x260 オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器

シドニー国際空港では税関職員が一人の怪しい男に目を付けた。(中略)彼の持ち物の付着物からなんとコカイ…

【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!

「日ノ本合成樹脂製作所」の廃業にともない入手困難になっていた、「HGS分子構造模型」がなんと再販され…

2016-11-26_21-52-18 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

第69回目となるスポットライトリサーチは、東京薬科大学 薬学部(林良雄 研究室) 博士課程3年・六車…

aaeaaqaaaaaaaayoaaaajgfhm2u1ody4ltjkyjatndi4zc05odjhltcxnjm2nzyzodnmnw 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞

Prof. Ryotaro Matsuda, the Graduate School of Engi…

2016-11-28_14-29-56 気になるあの会社~東京エレクトロン~

ケムステでは、民間企業についての記事をたくさん取り扱ってきました。今回は、ちょっと前に新聞に周期表の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP