[スポンサーリンク]

ケムステニュース

オカモトが過去最高益を記録

コンドームやゴム手袋などの生活用品を手がけるオカモトは、2016年3月期の純利益が過去最高の50億円に達した。中国人観光客による「爆買い」などが寄与し、コンドームの売上高が前年より44%伸びた。昨年4月発売でこれまでより約半分薄くし、同社製品で最も薄い0・01ミリ台の「オカモトゼロワン」(3個入り、税別900円)が好評で、中国人を中心に訪日客がドラッグストアでまとめ買いしているという。(引用:朝日新聞デジタル5月9日)

 

茨城県の工場で生産されているコンドーム001は、水系ポリウレタンで出来ていて、ポリウレタン素材の難点である硬さを、新配合の開発により、柔らかくしなやかな商品となった。オカモトでは、全品電気伝導度によるピンホール検査といくつかの抜き取り検査を行って厳しい製品の品質を保っている。この001は日本のみの販売のようで、成田空港のドラッグストアには、コンドーらしからぬ店の目立つエリアに堂々と山ほど陳列されていた。

オカモトは、コンドームだけを製造しているのではなく、ゴム手袋やガムテープ、ホッカイロなども生産している。さらには総合フィリムメーカーとしてBtoBのフィルムも製造しているため、コンドームを含めて生活品の売上の割合は、40%にとどまる。コンドームの国内消費の増加見込めないため、海外に積極的に売り込んでいるようである。

 

関連リンク

  • オカモト: オカモトの会社案内とインターネットショッピングサイト(職場や学校でリンク先ページを開いても安全です。)
The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  2. 秋の褒章2013-化学
  3. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ
  4. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  5. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑…
  6. 極小の「分子ペンチ」開発
  7. レッドブルから微量のコカインが検出される
  8. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photoredox Catalyst
  2. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  3. 私が思う化学史上最大の成果-1
  4. ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides
  5. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)
  6. Macユーザーに朗報!ChemDrawとWordが相互貼付可能に!
  7. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  8. ピーター・シュルツ Peter G. Schultz
  9. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  10. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

2017年4月に、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry を受験…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP