[スポンサーリンク]

ケムステニュース

オカモトが過去最高益を記録

コンドームやゴム手袋などの生活用品を手がけるオカモトは、2016年3月期の純利益が過去最高の50億円に達した。中国人観光客による「爆買い」などが寄与し、コンドームの売上高が前年より44%伸びた。昨年4月発売でこれまでより約半分薄くし、同社製品で最も薄い0・01ミリ台の「オカモトゼロワン」(3個入り、税別900円)が好評で、中国人を中心に訪日客がドラッグストアでまとめ買いしているという。(引用:朝日新聞デジタル5月9日)

 

茨城県の工場で生産されているコンドーム001は、水系ポリウレタンで出来ていて、ポリウレタン素材の難点である硬さを、新配合の開発により、柔らかくしなやかな商品となった。オカモトでは、全品電気伝導度によるピンホール検査といくつかの抜き取り検査を行って厳しい製品の品質を保っている。この001は日本のみの販売のようで、成田空港のドラッグストアには、コンドーらしからぬ店の目立つエリアに堂々と山ほど陳列されていた。

オカモトは、コンドームだけを製造しているのではなく、ゴム手袋やガムテープ、ホッカイロなども生産している。さらには総合フィリムメーカーとしてBtoBのフィルムも製造しているため、コンドームを含めて生活品の売上の割合は、40%にとどまる。コンドームの国内消費の増加見込めないため、海外に積極的に売り込んでいるようである。

 

関連リンク

  • オカモト: オカモトの会社案内とインターネットショッピングサイト(職場や学校でリンク先ページを開いても安全です。)
The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  2. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  3. レッドブルから微量のコカインが検出される
  4. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く
  5. 非選択性茎葉処理除草剤の『ザクサ液剤』を登録申請
  6. カラス不審死シアノホス検出:鳥インフルではなし
  7. 有機化学美術館へようこそ ~分子の世界の造形とドラマ
  8. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブレデレック オキサゾール合成 Bredereck Oxazole Synthesis
  2. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  3. フェイスト・ベナリー フラン合成 Feist-Benary Furan Synthesis
  4. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  5. イリジウム錯体:Iridium-complex
  6. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  7. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reaction
  8. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  9. 2016年JACS Most Read Articles Top10を眺める
  10. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン

配位子「アザホスファトリプチセン」を2つもつ白金錯体を合成した。この白金錯体の光と熱による「シス−ト…

Glenn Gould と錠剤群

Tshozoです。突然ですがこの動画をご覧ください。元々は" the CBC show, "…

合同資源上瀑工場

千葉県大多喜町にある相生工業(株)(現(株)合同資源)のヨウ素製造拠点で、反応設備兼沈降設備であるド…

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP