[スポンサーリンク]

ケムステニュース

高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト

[スポンサーリンク]

高知大の研究グループが今春、環境に優しい新たな“エコ材料”の開発を目指すプロジェクトを立ち上げ、産官や海外の研究者と共同で取り組んでいる。4年計画で、産業化も狙うほか、この分野の研究・教育の先駆的な機関になることを目指している。

 立ち上げたのは「グリーンサイエンス特別研究プロジェクト」(代表=小槻日吉三・同大理学部教授)。

 中心メンバーは同大の教育・理・医学部や黒潮圏海洋科学研究科で化学、微生物学などを専門とする14人。県工業技術センター、県海洋深層水研究所、三井化学、米仏の大学の計5機関の研究者も一人ずつ参加している。(引用:高知新聞)


小槻研は超高圧下での様々な合成反応や有機不斉触媒を用いた反応等を報告している研究室です。s南学共同最近多いですね。利益と興味を考えてどこまでうまくやれるかが鍵ですね。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得
  2. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  3. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開…
  4. キレーション療法ってなに?
  5. 改正特許法が国会で成立
  6. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  7. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  8. 112番元素が正式に周期表の仲間入り

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2016年化学10大ニュース
  2. 非常に小さな反転障壁を示す有機リン化合物の合成
  3. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  4. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  5. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate
  6. ふるい”で気体分離…京大チーム
  7. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授
  8. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒
  9. エピジェネティクス epigenetics
  10. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP