[スポンサーリンク]

ケムステニュース

高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト

[スポンサーリンク]

高知大の研究グループが今春、環境に優しい新たな“エコ材料”の開発を目指すプロジェクトを立ち上げ、産官や海外の研究者と共同で取り組んでいる。4年計画で、産業化も狙うほか、この分野の研究・教育の先駆的な機関になることを目指している。

 立ち上げたのは「グリーンサイエンス特別研究プロジェクト」(代表=小槻日吉三・同大理学部教授)。

 中心メンバーは同大の教育・理・医学部や黒潮圏海洋科学研究科で化学、微生物学などを専門とする14人。県工業技術センター、県海洋深層水研究所、三井化学、米仏の大学の計5機関の研究者も一人ずつ参加している。(引用:高知新聞)


小槻研は超高圧下での様々な合成反応や有機不斉触媒を用いた反応等を報告している研究室です。s南学共同最近多いですね。利益と興味を考えてどこまでうまくやれるかが鍵ですね。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る
  2. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原…
  3. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…
  4. 甘草は虫歯を予防する?!
  5. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  6. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される…
  7. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  8. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第126回―「分子アセンブリによって複雑化合物へとアプローチする」Zachary Aron博士
  2. ゲルマニウムビニリデン
  3. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)
  4. 芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法
  5. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成
  6. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化
  7. 1と2の中間のハナシ
  8. HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より
  9. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応
  10. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2005年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP