[スポンサーリンク]

一般的な話題

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫: XP-PEN Deco01の巻

[スポンサーリンク]

「実験大好き化学者も、デスクワークを快適化しようよ」な文具コーナーです。かなり久々の執筆で恐縮です。今後ともおすすめ品を仕入れ次第、不定期で執筆していければと・・・。

今回はペンタブレット「XP-PEN Deco01」をご紹介します(冒頭写真はAmazonより)。

なんでいまさらペンタブ!?

COVID-19のおかげで講義のオンライン化が進み、筆者も数々のテコ入れを余儀なくされました。パワポでZoomにスライド写すのは良いものの、あまりにサクサク進めすぎると、聴衆が置いてけぼりになってしまいます。加えて口頭だけだと、スライドのどこを説明しているのか、たまに分からなくなります。ボーっと動画を聞いてるだけだと眠くなります。つまり、進行速度を考えつつ、授業を聞いて貰う工夫が求められます。講師側もオンライン授業には不慣れなので、何かしらのペースメーカーもあるほうが好ましいところ。

そこで配布資料にわざと余白を作っておき、板書をしながら授業を行うことにしました。進行速度が速くなりすぎませんし、聴講側にもノートをとる動機付けが産まれます。

こんな感じの資料で進める

デジタル板書ができるタブレットPCは別に持っているのですが、デスクトップPCで実施出来ないか?と思うようになりました。各種ソフトの並行操作にはマルチディスプレイが便利、カメラ+ヘッドセットが完備、有線LAN接続なので回線安定性が高いという理由からです。ペンタブレットがあれば可能ですが、結構お高いものという先入観が強く、これまでどうにも手が伸びなかった個人的事情がありました。

激安中華タブレット!でもちゃんと使える

そんな折に、某知人に教えて貰ったのがこの「XP-PEN Deco01」

最大の特長はなんと言ってもコスパの高さ。筆者はV1をメルカリ価格2500円で調達しました。ここまで安いと「本当に大丈夫なのか?」と疑いたくなるレベルですが、全く不都合無く使えます。本職イラストレータが絵を描くには物足りない性能(?)なのかも知れませんが、授業板書用には必要十分です。ショートカットボタンにスライド操作やUndoなどを割当てておけば、キーボードなしでも進められます。薄くて丈夫なので本棚に保管でき、場所も取りません。

マイナな工夫ですが、筆者はペンタブ上に紙を貼って使っています。適度な引っかかりが生まれ、紙に書いてるような書き味になるので・・・これはまぁ、気分の問題です(笑)

欠点としては、ペン上の「消しゴム切り替えボタン」の位置がアレで、書いている時にたまに押してしまうことでしょうか。最初は良くやらかしました。とはいえ、使い慣れれば問題は無いです。

板書スタイルの講義・プレゼンを多く行う人は、一つ持っておくとかなり便利だと思います。お試しあれ!

オンライン勉強会にもペンタブ板書が便利!(天然物全合成道場の資料には感謝)

関連動画

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. C–H活性化反応ーChemical Times特集より
  2. MacでChem3Dー新たなる希望ー
  3. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」
  4. 紹介会社を使った就活
  5. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻する…
  6. 有機合成化学協会誌2020年2月号:ナノポーラス スケルトン型金…
  7. 天然物界70年の謎に終止符
  8. ブートキャンプ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第28回光学活性化合物シンポジウム
  2. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る
  3. 加藤 昌子 Kato Masako
  4. こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化
  5. 米ファイザー、今期業績予想を上方修正・1株利益1.68ドルに
  6. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  7. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  8. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  9. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏
  10. 過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳2022

毎年これが届くと、ああもう今年も終わりかあと思うようになりました。そう、読者…

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP