[スポンサーリンク]

会告

第6回慶應有機化学若手シンポジウム

第6回慶應有機化学若手シンポジウムのご案内

有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学、及びグリーンケミストリーなどの分野において、先導的研究に携わる若手研究者が一同に会す場として、さらには若手研究者による情報発信、自己啓発、さらには所属機関の垣根を越えた交流の場として、慶應有機化学若手シンポジウムを毎年開催しております。第6回目となりました今回も関東以外の地域の先生方も含む8名の30代の先生方に御講演をお願いしております。皆様、学生さんとともにふるってご参加頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

ホームページ:http://www.applc.keio.ac.jp/~takaakis/index.html

シンポジウムの内容

主催:慶應有機化学若手シンポジウム 実行委員会

共催:慶應義塾大学理工学部・理工学研究科

協賛:日本化学会・有機合成化学協会

支援:慶應義塾大学理工学部・理工学研究科「研究交流奨励金」

会期:2018年5月12日 (土) 12時30分〜18時00分

会場:慶應義塾大学矢上キャンパス 創想館地下2階マルチメディアルーム

交通:東急東横線・東急 目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉」駅下車徒歩15分

参加申込方法:HP(http://www.applc.keio.ac.jp/~takaakis/index.html)に記載

参加費:無料

参加申込締切4月23日(月)

懇親会:5月12日(土)18:30〜

連絡先:〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1
慶應義塾大学理工学部化学科
齊藤 巧泰(TEL:045-566-1836, e-mail:kosaito@chem.keio.ac.jp

講演者

  1. 有機ラジカルを用いた化学選択的タンパク質変換法の開発(東大院薬)生長幸之助
  1. 海洋シアノバクテリア由来の新規天然物に関する生物有機化学的研究(慶大理工)岩崎有紘
  1. 多官能性化合物の合成戦略開拓(京大院理)下川淳
  1. 高分子主鎖の自在らせん不斉制御に基づいたキラル機能性材料の創出(京大院工)長田裕也
  1. 高反応性中間体を経る多置換ベンゼン類の合成法の開発(東医歯大生材研)吉田優
  1. 高酸化度天然物の全合成戦略の開発(東大院薬)長友優典
  1. 分子集積系における励起三重項の機能化学(九大院工)楊井伸浩
  1. 新しい分子を創り触媒機能を引き出す(名大WPI-ITbM)大松亨介

慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会

実行委員長 齊藤巧泰 [化学科] 河内卓彌 [化学科]  高橋大介 [応用化学科] 酒井隼人 [化学科]   佐藤隆章 [応用化学科] 岩崎有紘 [化学科]  三浦洋平 [応用化学科] 松丸尊紀 [化学科]    小椋章弘 [応用化学科]

ぜひ参加しましょう!

今年で6回目となりました、慶應有機化学若手シンポジウム。過去のメンバーをみると、ちらほら研究室を主宰しているひとも見受けられます。昨年は研究室で無念の一人だけ不参加。今年は20名以上研究室ほぼ全員で参加します。知った顔ばっかりなのですが(副代表もいますね)、今年もかなり良いメンバーが揃っているので、お近くの有機化学関連の方々はぜひとも参加してみてください。

過去の慶應有機化学若手シンポジウムケムステ会告

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. インターネットを活用した英語の勉強法
  2. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット
  3. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~
  4. 有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位
  5. 今さら聞けないカラムクロマト
  6. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」…
  7. アミドをエステルに変化させる触媒
  8. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  2. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  3. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  4. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  5. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  6. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  7. シランカップリング剤入門【終了】
  8. マット・フランシス Matthew B. Francis
  9. 村井 眞二 Shinji Murai
  10. ククルビットウリル Cucurbituril

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より

「ケムステ海外研究記」の第18回目は、マックス・プランク石炭化学研究所(Benjamin List研…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP