[スポンサーリンク]

会告

第6回慶應有機化学若手シンポジウム

第6回慶應有機化学若手シンポジウムのご案内

有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイオロジー、生物 有機化学・医化学、有機材料化学、及びグリーンケミストリーなどの分野において、先導的研究に携わる若手研究者が一同に会す場として、さらには若手研究者による情報発信、自己啓発、さらには所属機関の垣根を越えた交流の場として、慶應有機化学若手シンポジウムを毎年開催しております。第6回目となりました今回も関東以外の地域の先生方も含む8名の30代の先生方に御講演をお願いしております。皆様、学生さんとともにふるってご参加頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

ホームページ:http://www.applc.keio.ac.jp/~takaakis/index.html

シンポジウムの内容

主催:慶應有機化学若手シンポジウム 実行委員会

共催:慶應義塾大学理工学部・理工学研究科

協賛:日本化学会・有機合成化学協会

支援:慶應義塾大学理工学部・理工学研究科「研究交流奨励金」

会期:2018年5月12日 (土) 12時30分〜18時00分

会場:慶應義塾大学矢上キャンパス 創想館地下2階マルチメディアルーム

交通:東急東横線・東急 目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉」駅下車徒歩15分

参加申込方法:HP(http://www.applc.keio.ac.jp/~takaakis/index.html)に記載

参加費:無料

参加申込締切4月23日(月)

懇親会:5月12日(土)18:30〜

連絡先:〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1
慶應義塾大学理工学部化学科
齊藤 巧泰(TEL:045-566-1836, e-mail:kosaito@chem.keio.ac.jp

講演者

  1. 有機ラジカルを用いた化学選択的タンパク質変換法の開発(東大院薬)生長幸之助
  1. 海洋シアノバクテリア由来の新規天然物に関する生物有機化学的研究(慶大理工)岩崎有紘
  1. 多官能性化合物の合成戦略開拓(京大院理)下川淳
  1. 高分子主鎖の自在らせん不斉制御に基づいたキラル機能性材料の創出(京大院工)長田裕也
  1. 高反応性中間体を経る多置換ベンゼン類の合成法の開発(東医歯大生材研)吉田優
  1. 高酸化度天然物の全合成戦略の開発(東大院薬)長友優典
  1. 分子集積系における励起三重項の機能化学(九大院工)楊井伸浩
  1. 新しい分子を創り触媒機能を引き出す(名大WPI-ITbM)大松亨介

慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会

実行委員長 齊藤巧泰 [化学科] 河内卓彌 [化学科]  高橋大介 [応用化学科] 酒井隼人 [化学科]   佐藤隆章 [応用化学科] 岩崎有紘 [化学科]  三浦洋平 [応用化学科] 松丸尊紀 [化学科]    小椋章弘 [応用化学科]

ぜひ参加しましょう!

今年で6回目となりました、慶應有機化学若手シンポジウム。過去のメンバーをみると、ちらほら研究室を主宰しているひとも見受けられます。昨年は研究室で無念の一人だけ不参加。今年は20名以上研究室ほぼ全員で参加します。知った顔ばっかりなのですが(副代表もいますね)、今年もかなり良いメンバーが揃っているので、お近くの有機化学関連の方々はぜひとも参加してみてください。

過去の慶應有機化学若手シンポジウムケムステ会告

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–
  2. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  3. 核酸医薬の物語1「化学と生物学が交差するとき」
  4. バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~
  5. 産官学の深耕ー社会への発信+若い力への後押しー第1回CSJ化学フ…
  6. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  7. オゾンと光だけでアジピン酸をつくる
  8. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 立体選択的なスピロ環の合成
  2. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
  3. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾
  4. テルペンを酸化的に”飾り付ける”
  5. 死海付近で臭素が漏洩
  6. 「炭素ナノリング」の大量合成と有機デバイス素子の作製に成功!
  7. 金よりも価値のある化学者の貢献
  8. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  9. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  10. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP