[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑤:ショットノートの巻

[スポンサーリンク]

メモのデジタル化、最近静かな流行ですね。EvernoteとiPadの存在が後押ししているのは間違いないところでしょう。

とはいえ、手書きメモを毎回スキャンするのって、面倒なんですよね。Scansnapなどを使えば簡単にはできるんですが、一枚だけわざわざスキャンするのは正直言って手間そのものです。

そんなことに悩んでいた折に、キングジム社(前回紹介したブギーボードの発売元)から、またもや魅力的な製品が登場しました!

その名も「ショットノート」。一言でいえば、iPhoneでメモをカメラ撮影するだけで、整形・OCR・Evernote投稿までを全てやってくれるアイデア商品なのです!

こりゃ面白そうだわい、というわけで実際に使ってみました。


まずはノートを購入しないと始まらない。S(iPhoneサイズ)、M(A6サイズ)、L(A5サイズ)の三種類があります。

モノとしては上質紙にグリッドが印刷されてるだけの、メモノートそのものです。四隅にマーカーが印刷されているのが普通と違う点で、これがiPhoneの認識部位になっています。専用のアプリをiPhoneで起動し、四隅を上手く合わせ、カメラ撮影!すると台形補正+自動トリミングを自動でしてくれます。OCRが自動でかかり、内容の文字検索が可能になります。もちろんイマドキのアイテムですから、メール添付送信やEvernote投稿にも完全対応!

試しにひとつ撮ってみましたが、撮影時の光加減が難しく、撮影場所を選ぶかんじかも。何回でも取り直しできるんで、そこはまぁ仕方ないとこと考えるべきなのか。

shotnote_sample.jpgひとつの難点は、ノート本体の価格でしょうか。
アプリ自体は無料なのですが、ノートがA5サイズで一冊600円もします。ロディア製ブロックメモなどの対抗馬として見るなら相応のお値段なのでしょうが、気軽に書きまくり捨てまくりには厳しい感じですね。また最大サイズがA5というのも。持ち運び重視なんでしょうが、もっと大きなA4サイズがあれば使える幅も広がるかも・・・と思うのは筆者だけではないでしょう。

「・・・はてそれならば、台紙を拡大/縮小コピーして使うとどうなるのだ? 原理的には全く問題ないような・・・」

おっとと、商品のアイデンティティをぶち壊してしまうような、なんとも言えないアイデア思い浮かんでしまいました。思い浮かんでしまったものは仕方が無い、実験してみるしかない。さてさて結果はいかに・・・。

・・・大丈夫だ、問題ない!

しかし世の中上には上がいることを後に思い知ることになります。なんと台紙を自らカスタマイズしている強者が多数いらっしゃる(こことかこことかこことかこことかこことか)。

さらに凄いことに、Shot Note台紙の自動出力サイトまでもが既に公開されている!!

となれば、自作台紙を多数印刷して束ねて手製のメモ帳にしたてあげれば、そもそも高価な純正ノートを買わずして事足りてしまうということ。

・・・そんな仕様で大丈夫か!?

まぁ、現実は売れに売れてるという話ですから、ビジネスとしてはちゃんと成り立っているようです。一安心ですね(?)。

気になる人は是非一度、お試しあれ。これはなかなか面白いですよ。

 

関連動画

関連リンク

<他のレビュー記事>

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第27回 国際複素環化学会議 (27th ISHC)
  2. ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カッ…
  3. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ
  4. 高校生・学部生必見?!大学学術ランキング!!
  5. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード
  6. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化…
  7. 高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発
  8. 付設展示会に行こう!ーシグマアルドリッチ編ー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  2. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編
  3. キラルLewis酸触媒による“3員環経由4員環”合成
  4. セルロース由来バイオ燃料にイオン液体が救世主!?
  5. House-Meinwald転位で立体を操る
  6. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション
  7. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers
  8. 第八回 ユニークな触媒で鏡像体をつくり分けるー林民生教授
  9. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質
  10. 化学に関係ある国旗を集めてみた

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP