[スポンサーリンク]

ケムステニュース

光で分子の結合状態を変えることに成功

[スポンサーリンク]


 理研放射光科学総合研究センター高田構造科学研究室を中心とする研究グループは、以前からよく知られている鉄を含む物質「スピンクロスオーバー錯体」において、世界で初めて光スイッチング素子としての可能性を見出しました。
 この物質は、大型冷却設備が必要な極低温状態(約マイナス240℃)で光を当てると、磁石に変化し、光を切った後も磁石のままです。元の状態に戻すためには、違う色の光を当てる必要があるため、光スイッチングとしては利用できないとされていました。
 研究グループは、このスピンクロスオーバー錯体を液体窒素さえあれば容易に冷やすことができる温度(約マイナス180℃)で、緑色の光を当てたり切ったりして、自由自在に磁石に変えることに成功しました。さらに、この現象は、光を伝える電子の分布の様子が光によって劇的に変わるために起こっていることも突き止めました。今後、次世代の光通信のカギを握る、新たな光スイッチング素子を見出すことにつながると期待できます。(引用:
理研プレスリリース)


  • 関連リンク

高田構造科学j研究室(理研)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  2. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  3. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  4. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  5. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑…
  6. 「石油化学」の新ネーミング募集!
  7. エコエネルギー 家庭で競争
  8. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化
  2. プラスマイナスエーテル!?
  3. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  4. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業を買収
  5. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Carbene (NHC)
  6. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!
  7. 凸版印刷、有機ELパネル開発
  8. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  9. 【書籍】研究者の仕事術~プロフェッショナル根性論~
  10. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization of Alkynes

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

natureasia.com & Natureダイジェスト オンラインセミナー開催

Natureダイジェスト編集担当者による日本語コンテンツ紹介やnatureasia.comのオンライ…

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年6月号がオンライン公開されました。梅…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP