[スポンサーリンク]

一般的な話題

長期海外出張のお役立ちアイテム

[スポンサーリンク]

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。

そんなお年頃のせいでしょうか、最近あちこちに出張・講演する機会が増えてきており、大変ありがたいことです。昨年にはイギリスに2週間弱滞在し、5機関で訪問・講演する機会を頂きました。これまでも年1回は海外の国際学会に参加し、毎回、現地機関を訪問するなどはしていました。数をこなしたおかげで、かなり旅慣れてきたように思います。

今回は化学と少し離れますが、長期海外出張のたびに「これは便利だ!」と思えていたアイテムを紹介してみたいと思います。長期出張機会を数多く控えていたり、これから海外に出かける予定がある皆様は、是非検討されてみてはいかがでしょう。

航空機内リラックス対策

ネックピロー

画像はこちらより引用

空気で膨らませるタイプのネックピローがポピュラーだと思いますが、背中に空間があいてしまうのがどうにも気になってしまいます。結局、筆者は使うのを止めてしまいました。最近ではその代わりに、マフラーに埋め込まれたプラスチックが首を支える「寄り掛かりタイプ」を持っていくようにしています。そこそこコンパクトですし、値段もお手頃。空気タイプにどうしてもなじめない人は、一度お試しあれ!

アイマスク

実は使わずとも眠れるタチなので、使用頻度は高くありません。どうしても明るさが気になる場合に、たまに使うぐらいです。数ある中でも立体型アイマスクが、圧迫感が低く、遮光性も高いのでオススメです。

携帯フットレスト

飛行機のテーブルに引っかけて、簡易足置きを作れるアイテムです。機内シートでの足の置き方には毎回困ることが多いですが、こういう選択肢があるだけで心にも余裕が生まれます。

携帯スリッパ

靴で足を締め付けているよりは、サンダルに履き替えてしまう方が足が疲れません。機内のみならず、ホテルでもわりと役立ちます。

荷物対策

折りたたみ式キャリーオンバッグ

長期出張の帰りは、お土産を必ず買うと思います。つまり、荷物は行きより増えることがほとんど。携帯エクストラバッグがあると大変助かります。筆者は折りたたみ式バッグを一つ、スーツケースに忍ばせています。小さく収納でき、必要な時に広げて使えばOK。20-30Lが一つあれば十分と思います。スーツケースのハンドルに合体出来るつくりが素晴らしいです。持ち運び時に手が塞がらないので楽ちん。お土産をまとめて入れておく用途に重宝しています。

イージーハング

スーツケースのハンドルを一時的なもの置きに変身させてくれるアイデア品。袋や傘を引っかけてる場所になります。荷物を一瞬手放したいタイミングは実のところ多く、こういうアイテムは助かります。

衣類圧縮袋

掃除機不要で、手で丸めるだけで空気を抜けるタイプです。スーツケースのスペース圧迫を防げるので、大変重宝します。何度も使うとへたっていきますが、高価なものではないので、数回の消耗品と捉えるのがいいと思います。

ジップロック

細々した衣類、アメニティ、電子機器などは、毎回スーツケース内で散らばってしまうのが難点です。出張の都度、準備し直すのも面倒です。メッシュポーチなどを買って整理しておくのもいいですが、個人的にはジップロックで十分に思います。筆者はケーブル・バッテリー類、アメニティ類をジップロックでまとめておき、出張時は袋ごと持ってくだけでOKな状態にしています。他の活用法もいろいろ知られており、例えばこちらの記事などは勉強になります。

身体のメンテナンス対策

マルチビタミン・ミネラル錠剤

訪問する国によっては食事のバランスが悪く、外食も非常に高価です。長期滞在すると、栄養的にもお財布的にも辛いものです。筆者も10日近く某国に滞在したときは、さすがに身体がだるくなりました。栄養バランス欠如で後半だるくならないために、マルチビタミン錠剤はアメニティと一緒に忍ばせています。正直おまじない程度かもしれませんが、現地で毎日飲むだけで、気分の持ち方も違ってくる気がしています。

完全食

画像は公式サイトより

「これだけで生きて行ける」との触れ込みのもと、完全食なるものが登場しています。時間のない時には実に便利な食物ですが、食生活の乱れがちな長期出張時の強力な味方にもなってくれます。筆者は海外出張時に、COMP powder 小分け版を数袋携帯するようにしています。現地ホテルの朝食では大抵ビュッフェが出てきますが、ついつい食べ過ぎてしまいがちでよろしくない。その代替にすることが個人的に増えています。一袋(400 kcal)だけでも腹持ち十分で、外食・コンビニ食より安く、それでいて栄養価も十分。もはや欠かせないアイテムです。

メラトニン

時差ボケ対策はいろいろ試みているのですが、未だにうまく対応出来ません。ネットで解決法を調べてるうちに、メラトニンが効果的だとする記事を見つけました。アメリカではサプリとして売られているぐらいですが、日本だと個人輸入になってしまいます。そのせいで未トライなのですが、なんとか入手して、次回の海外出張では実際に使って見ようと思います。

モバイル機器対策

大容量モバイルバッテリー

学会会場によっては、パソコンを繫ぐ電源がないことがあります。しかしメモしたり仕事したり、どうしてもPCが必要になる機会が増えています。筆者は最近一念発起して、ノートPCも充電可能なMAXOAK製の大容量バッテリーを買いました。スマホやKindleなども並列充電できるので、少し重くはありますがいろいろ助かっています。

どうしても重いのは嫌だ、ということであればPC充電は諦め、普通のモバイルバッテリーでも良いと思います。サイズと容量は大抵トレードオフになるので、ニーズに合った製品を選ぶ必要があるでしょう。最近は携帯サイズで20000 mAhを超える製品も登場しており、便利になりました。

マルチケーブル

様々なモバイル電子機器が増えている昨今、アダプター口も多様化している結果、適したケーブルの携帯し忘れがよく起こります。筆者はそれを避けるべく、マルチユースケーブルを重宝しています。最近は3連のものが出ているので、これ一つ持っていくだけで、大抵のデバイスを並列充電できて便利です。もちろん忘れないよう、ジップロックにまとめておきます。

変換プラグ/変圧器

訪問国によってはコンセントプラグ形状や電圧が異なるので、携行は必須です。一つ買っておけば半永久的に使えるので、早めに調達しておきましょう。最近はモバイル充電用途にも向いたUSB対応のマルチスロット製品が人気のようです。筆者は海外出張時に忘れないよう、1セットをスーツケースに放り込んであります。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2009年イグノーベル賞決定!
  2. Org. Proc. Res. Devのススメ
  3. 私がケムステスタッフになったワケ(2)
  4. 技術セミナー参加体験談(Web開催)
  5. ピーナッツ型分子の合成に成功!
  6. 図に最適なフォントは何か?
  7. 抽出精製型AJIPHASE法の開発
  8. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  2. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  3. 厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘
  4. 有機合成化学協会誌2017年7月号:有機ヘテロ化合物・タンパク質作用面認識分子・Lossen転位・複素環合成
  5. アノードカップリングにより完遂したテバインの不斉全合成
  6. 光有機触媒で開環メタセシス重合
  7. ファイザーがワイスを買収
  8. 硫酸エステルの合成 Synthesis of Organosulfate
  9. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応
  10. 第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

ダイセル発、にんにく由来の機能性表示食品「S-アリルシステイン」

株式会社ダイセルは、カラダの疲れを感じている方のための機能性表示食品「S-アリルシステイン」を消費者…

Delta 6.0.0 for Win & Macがリリース!

NMR解析ソフトDeltaの最新版6.0.0がリリースされました!&nb…

こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化

可視光レドックス触媒によるギ酸を炭素源としたヒドロカルボキシル化が開発された。チオール触媒を介したラ…

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 ケムステ異色連載記

本稿は,世間一般にほとんど知られていない地方私立大学で学位を修了し,エリートでもなく何も成し遂げてい…

新型コロナの飲み薬モルヌピラビルの合成・生体触媒を用いた短工程化

新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染症に対する飲み薬として、Merck…

秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 …

NIMS WEEK2021-材料研究の最新成果発表週間- 事前登録スタート

時代を先取りした新材料を発信し続けるNIMS。その最新成果を一挙ご紹介する、年に一度の大イベント「N…

元素記号に例えるなら何タイプ? 高校生向け「起業家タイプ診断」

今回は化学の本質とは少し離れますが、元素をモチーフにしたあるコンテンツをご紹介します。実験の合間…

多価不飽和脂肪酸による光合成の不活性化メカニズムの解明:脂肪酸を活用した光合成活性の制御技術開発の可能性

第346回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院総合文化研究科(和田・神保研究…

10手で陥落!(+)-pepluanol Aの全合成

高度な縮環構造をもつ複雑天然物ペプラノールAの全合成が、わずか10工程で達成された。Diels–Al…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP