[スポンサーリンク]

archives

角田試薬

 

【東京化成工業】
角田試薬:  Cyanomethylenetributylphosphorane
分子量:241.35
CAS: 157141-27-0
製品コード:C1500
値段: 1 g 12,900円   5 g 42,800円  25 g 110,900円 (2010.4.1 現在)
用途: 光延型反応試薬
説明: シアノメチレントリメチルホスホランを用いると、通常DEADでは反応しないpKa23.4の活性メチレンと2級アルコールとの反応においても高収率で生成物を与える。
文献: T. Tsunoda, M. Nagaku, C. Nagino, Y. Kawamura, F. Ozaki, H. Hiroki, S. Ito, Tetrahedron Lett., 1995.
その他の光延反応に関する記述:光延反応(東京化成工業製品情報)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試…
  2. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  3. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  4. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  5. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…
  6. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  7. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  8. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スルホキシイミンを用いた一級アミン合成法
  2. 世界の化学企業いくつ知っていますか?
  3. 研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!
  4. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  5. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  6. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  7. 芳香族カルボン酸をHAT触媒に応用する
  8. レッドブルから微量のコカインが検出される
  9. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー雑記編
  10. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

PAGE TOP