[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

集積型金属錯体

[スポンサーリンク]

  • 内容

本書は、機能性化学物質あるいは化学機能の設計という視点から錯体化学を展望したユニークなテキストである。金属錯体の機能の創製という合成化学的な視点に立ち、その根本に横たわる重要なポイントを整理し解説することに重点がおかれている。最近の重要な研究成果が多数盛り込まれており、わかりやすい図版を多用し理解を助ける工夫がなされている。

  • 対象

無機錯体・クラスター化学に興味のある大学院生以上

  • 評価・解説

本書は近年爆発的発展を遂げているクラスター型錯体・多孔性錯体について、その現状およびお魚用への未来展望を記した書物です。

  • 関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ハートウィグ有機遷移金属化学
  2. Side Reactions in Organic Synthe…
  3. 実践・化学英語リスニング(3)生化学編: 世界トップの化学者と競…
  4. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  5. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  6. まんがサイエンス
  7. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  8. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. テキサス大教授Science論文捏造か?
  2. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!
  3. 超臨界流体 Supercritical Fluid
  4. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  5. ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する
  6. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  7. コルベ電解反応 Kolbe Electrolysis
  8. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  9. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える
  10. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

本記事では、原子軌道や分子軌道に電子が安定に存在するときの波動関数を調べるための方程式である、「時間…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP