[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

デービーメダル―受賞者一覧

デービーメダル(Davy Medal)とは、ロンドン王立協会が化学分野で重要な発見をした人物に授与する賞である。1877年より毎年授与されている。

1990年以降の受賞者は以下の通り。

1990 Keith Usherwood Ingold
1991 Jeremy R. Knowles
1992 A. Carrington
1993 Jack E. Baldwin
1994 John Meurig Thomas
1995 M. L. H. Green
1996 Geoffrey Wilkinson
1997 Jean-Marie Lehn
1998 Alan Roy Fersht
1999 Malcolm Harold Chisholm
2000 Steven Victor Ley
2001 Alastair Ian Scott
2002 Neil Bartlett
2003 Roger Parsons
2004 Takeshi Oka
2005 Chris Dobson
2006 Martin Pope
2007 John Simmons
2008 James Fraser Stoddart
2009 Jeremy Sanders
2010 Carol Robinson
2011 Ahmed Zewail
2012 Fraser Armstrong
2013 Graham Hutchings
2014 Clare Grey
2015 Gideon Davie

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeff…
  2. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  3. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros
  4. マックス・プランク Max Planck
  5. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  6. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli
  7. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  8. 細野 秀雄 Hideo Hosono

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  2. ロバート・コリュー R. J .P. Corriu
  3. ReadCubeを使い倒す(1)~論文閲覧プロセスを全て完結させる~
  4. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?
  5. 深海の美しい怪物、魚竜
  6. ナノってなんナノ?~日本発の極小材料を集めてみました~
  7. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrrole Synthesis
  8. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウムクロリド / 3-Benzyl-5-(2-hydroxyethyl)-4-methylthiazolium Chloride
  9. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏
  10. クライゼン転位 Claisen Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP