[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クリスティーナ・ホワイト M. Christina White

M・クリスティーナ・ホワイト (M. Christina White、19xx年xx月xx日(ギリシア・アテネ)-)は、アメリカの有機化学者である。米イリノイ大学助教授(写真:White Lab)。

経歴

19xx Smith College 卒業
19xx ジョン・ホプキンス大学 修士号取得 (Christian Anfinsen 教授)
19xx ジョン・ホプキンス大学 博士号取得 (Gary Posner 教授)
1999 ハーバード大学 博士研究員 (Eric N. Jacobsen 教授)
2002 ハーバード大学 助教授
2005 イリノイ大学 助教授
2009 イリノイ大学准教授
2011 イリノイ大学教授

受賞歴

2002 Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
2006 NSF CAREER Award
2007 Eli Lilly Grantee Award
2008 Alfred P. Sloan Research Fellowship
2008 BMS Unrestricted “Freedom to Discover” Grant
2008 Pfizer Award for Creativity in Organic Chemistry
2008 Amgen Young Investigator Award
2008 Boehringer Ingelheim Pharmaceuticals New Investigator Award
2008 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2008 AstraZeneca Excellence in Chemistry Award
2008 Abbott Young Investigator Award
2008 Sanofi Aventis “Visions in Chemistry”
2009 Roche Excellence in Chemistry Award
2009 Cope Scholar Award
2012 Fellow of the American Association for the Advancement of Science
2013 Royal Society of Chemistry, Merck Award
2014 Fellow of the Royal Society of Chemistry

 

研究概要

 

遷移金属触媒を用いる化学選択的C-H官能基化反応の開発


white_science.gif

名言集

 

コメント&その他

  1. 彼女のラボのホームページにあるグループメンバーの集合写真は、一見の価値がある――なぜかは見れば分かる!

 

関連動画

 

関連文献

[1] Chen, M. S.; White, M. C. Science 2007, 318, 783. DOI: 10.1126/science.1148597

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
  2. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.
  3. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  4. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  5. 新海征治 Seiji Shinkai
  6. エリック・ベッツィグ Eric Betzig
  7. ベンジャミン・リスト Benjamin List
  8. エリック・カレイラ Erick M. Carreira

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  2. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake
  3. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成
  4. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyanate Rearrangement
  5. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  6. 金大発『新薬』世界デビュー
  7. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  8. ブレデレック イミダゾール合成 Bredereck Imidazole Synthesis
  9. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界
  10. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP