[スポンサーリンク]

ケムステニュース

秋の褒章2009 -化学-

shijyu.png
政府は2日付で、2009年秋の褒章受章者678人(うち女性120人)と24団体を発表した。栄典制度の改正があった03年の秋の褒章以来最少。学術や芸術、スポーツ分野で活躍した人を対象とする紫綬褒章は、シンガー・ソングライターの中島みゆき(本名美雪)さん(57)や宮崎駿監督作品への楽曲提供で知られる作曲家の久石譲(本名藤澤守)さん(58)や、メキシコ、ミュンヘン、モントリオール五輪の金メダリストである体操の塚原光男さん(61)らが選ばれた。3日発令される。  紫綬褒章はこのほか、地方財政審議会会長を務める東大名誉教授の神野直彦さん(63)やチェロ奏者の堤剛さん(67)、陶芸家の十四代今泉今右衞門さん(46)らも受章した。  公共活動に貢献した人を対象とする藍綬褒章は、「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」シリーズなどのゲームソフトを商品化した、スクウェア・エニックスの福嶋康博元会長(62)らが選ばれた。  受章者の内訳は、紫綬褒章が25人(うち女性2人)、長年業務に励んだ人への黄綬褒章が237人(同15人)、藍綬褒章が388人(同91人)、危険を顧みず人命救助に尽力した人への紅綬褒章が11人(同2人)。慈善活動に取り組んだ人への緑綬褒章は17人(同10人)と24団体(引用:時事通信)。
 そりゃ中島みゆきや、久石譲は有名かもしれませんが、そんな中25人中化学分野で、細野秀雄教授(東工大)、福山透教授(東大)、上村大輔教授(慶応大)、中村栄一教授(東大)の4人が受賞されました。おめでとうございます!


Twitterの方に速報を入れましたが、なんと今年の秋の褒章では4人も化学分野から紫綬褒章が受賞されました。それぞれの経歴はご存知の通りですが、気になる方はそれぞれのリンクへどうぞ。それに値する業績を上げている先生方です。

ちなみに、ここでは取り上げませんでしたが、今年の文化勲章はカーボンナノチューブ発見者で2009年のノーベル化学賞最有力候補としてChem-Stationでも取り上げた飯島澄男教授(名大、名城大)が受賞されています。
過去に(2000年より)紫綬褒章を受賞した化学者を振り返ってみると、
2000年 新庄 輝也(京大)、竹原 善一朗(京大)
2001年 秋葉欣哉(広島大)、岡崎廉治(日本女子大)
2002年 竜田邦明(早稲田大)、山本尚(シカゴ大)、岡本佳男(名大)
2003年 板谷 謹悟(東北大)、柴崎正勝(東大)、岩澤康裕(東大)、藤嶋 昭(東大)
2004年 玉尾皓平(理研)、柏 典夫(三井化学)、新海征治(九大)、山本隆一(東工大)
2005年 なし
2006年 原田 明(阪大)、山本嘉則(東北大)
2007年 入江正浩(九大)、吉良満夫(東北大)、小林四郎(京大)
2008年 増原宏(阪大)、遠藤守信(信州大)、増原宏(奈良先端大)、磯部稔(名大)
2009年 齋藤軍治(京大)、筒井哲夫(九大)、細野秀雄教授(東工大)、福山透教授(東大)、上村大輔教授(慶応大)、中村栄一教授
と該当者無しの年もあり、最高3人まででしたので(追記:実は調べてみたのと読者の方々からの報告で2003、2004年、2008年も春夏併せて4人でした。失礼しました&ご報告ありがとうございました。あと抜けている方がいましたらご報告ください)、今年が如何に多いかよくわかると思います。春には齋藤軍治(京大)、筒井哲夫(九大)も受賞しておりますので春夏併せて今年は6人の受賞となりました。文化勲章も3年連続化学分野から受賞者がでています。化学びいきなあまりに偏った見方ですが、他にこのように報道するところもなく、同じ化学をベースに研究をしている方々には喜ばしい事ですので、声を大にして宣伝したいと思います!もう一度おめでとうございます!
  • 関連リンク
紫綬褒章(Wikipedia)
文化勲章(WIkipedia)
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. オルト−トルイジンと発がんの関係
  2. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発
  3. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシッ…
  4. 学士院賞:数論幾何学の加藤和也京大大学院教授ら10人に
  5. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研…
  6. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  7. ノーベル受賞者、東北大が米から招請
  8. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liqui…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Classics in Total Synthesis
  2. 島津、たんぱく質分析で新技術・田中氏の技術応用
  3. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調
  4. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用
  5. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  6. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却
  7. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化
  8. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  9. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  10. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP