[スポンサーリンク]

ケムステニュース

製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表

 

国内製薬大手各社の第3四半期決算が出揃いましたのでお知らせします。この3ヶ月の大きな出来事といえば、大塚製薬の株式上場、エーザイのハラベン上市と米国アリセプト特許切れなどが上げられます。また、各社とも円高による為替損が相変わらず続いており売り上げを目減りさせています。

武田薬品 減収減益

売上高は前年同期比4.2%減の1兆811億円。営業利益は6.7%減の3325億円。純利益は16.8%減の2155億円で前の期に引き続き減収減益となった。米国でジェネリックの侵食を喰らう抗潰瘍薬タケプロンが前年同期比40.6%減となり売り上げを押し下げている。主力のアクトスは0.7%増の2930億円と堅調。ベルケイドも12.9%増の381億円を売り上げた。通期予想に変更はなく売上高前年比4.5%減の1兆4000億円を目指す。我慢の時期がもうしばらく続きます。

 

第一三共 増収増益

売上高は前年同期比3.1%増の7481億円。営業利益は33.9%増の1206億円。純利益は103%増の797億円で大幅増益となった。なんといってもインドランバクシーが売り上げ利益共に大きく貢献したことが大きい。最初はドタバタしていましたが、よい会社を買収したかもしれませんね。主力のオルメテックが3.8%増の1868億円と堅調に伸びている。第一三共ヘルスケアからは誰もが一度は処方された経験があるはずのロキソニンがOTC医薬品(ドラッグストアで買える医薬品)として新発売されました。OTC解熱鎮痛剤の新たな選択肢となります。本業の処方薬の状況ですが、抗凝固薬エフィエンとがいけてません。通期売り上げ予想を150億円下方修正しました。逆に利益面の予想は上方修正しています。研究開発費の消化が次期にずれこむことが主な理由みたいです。

 

アステラス 減収減益

売上高は前年同期比5.0%減の7343億円。営業利益は33.7%減の1211億円。純利益は31.8%減の792億円だった。第一三共とほとんど数字が同じですね。OSIファーマシューティカルズの買収に伴う経費を計上したことから大幅なマイナスでした。主力のプログラフは米国で後発品に半分のシェアを奪われ15.4%減の1250億円となった。現在ある茨城県つくば市の研究所のすぐ横に新しい研究棟を建設中です。通期予想の変更はありません。

 

エーザイ 増収増益

売上高は前年同期比1.6%増の6139億円。営業利益は28.7%増の1094億円。純利益は24.9%増の674億円と大幅増益した。主力のアリセプトはグローバルで4.2%増の2476億円を売り上げた。昨年11月末に米国でアリセプトの特許が切れたが、現時点ではさほど影響は出ていない模様。期待の新薬ハラベンは販売開始後1ヶ月で4億円を売り上げた。アメリカでの価格は1mgのバイヤル瓶一つで850ドルだそうだ。適応追加などで売り上げピーク2000億円/年を目指す。通期見通しはアリセプトの後発品侵食が予想以上なのか?売り上げを250億円も下方修正した。利益面の予想は据え置いた。

 

関連会社

The following two tabs change content below.
matsumoto

matsumoto

修士(工学)。学生時代は有機合成・天然物合成に従事し、現在は某製 薬メーカー合成研究員。

関連記事

  1. 吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表
  2. パーキンソン病治療の薬によりギャンブル依存に
  3. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
  4. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始
  5. 大分の高校生が特許を取得!
  6. 風力で作る燃料電池
  7. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  8. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 円偏光スピンLEDの創製
  2. テトラセノマイシン類の全合成
  3. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より
  4. 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)のドナーとして利用される蛍光色素
  5. 第7回日本化学会東海支部若手研究者フォーラム
  6. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  7. 単結合を極める
  8. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  9. (+)-MTPA-Cl
  10. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP