[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任

ファイザーの新しい社長に仏ファイザー社長だったソーレン・セリンダー氏が2月28日に就任し、新体制が動き出した。同日、都内で記者会見したセリンダー新社長は、「今後も継続的な成功を収めたい」と抱負を語った。今後3年間で10新薬を上市予定にあるとしたほか、3月1日から営業部門を、病院担当で領域別に展開する「学術営業」と、開業医担当で地域を主眼に展開する「医薬品営業」を2部門制でスタートさせるとしたものの、業績目標は明らかにしなかった。日本の製薬業界の再編が本格化したことを受けた同社の対応については「既に十分な規模を持っている」と述べ、M&A戦略を否定し、MR数も当面維持する考えを示した。 (引用:薬事日報

 

 

昨年度の医薬品売り上げランキングでは5位から3位までステップアップしたファイザー。このまま世界のファイザーが日本でも勢力を拡大していくのでしょうか。がんばれ日本製薬企業

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  2. アミンの新合成法
  3. 独BASF、米樹脂メーカーのジョンソンポリマー社を買収
  4. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物
  5. 秋の褒章2013-化学
  6. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  7. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を…
  8. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  2. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?
  3. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks
  4. なぜあなたは論文が書けないのか
  5. コールマン試薬 Collman’s Reagent
  6. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ
  7. スマホページをリニューアルしました
  8. ペニシリン ぺにしりん penicillin
  9. 2001年ノーベル化学賞『キラル触媒を用いる不斉水素化および酸化反応の開発』
  10. 114番元素生成の追試に成功

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP