[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任

[スポンサーリンク]

ファイザーの新しい社長に仏ファイザー社長だったソーレン・セリンダー氏が2月28日に就任し、新体制が動き出した。同日、都内で記者会見したセリンダー新社長は、「今後も継続的な成功を収めたい」と抱負を語った。今後3年間で10新薬を上市予定にあるとしたほか、3月1日から営業部門を、病院担当で領域別に展開する「学術営業」と、開業医担当で地域を主眼に展開する「医薬品営業」を2部門制でスタートさせるとしたものの、業績目標は明らかにしなかった。日本の製薬業界の再編が本格化したことを受けた同社の対応については「既に十分な規模を持っている」と述べ、M&A戦略を否定し、MR数も当面維持する考えを示した。 (引用:薬事日報

 

 

昨年度の医薬品売り上げランキングでは5位から3位までステップアップしたファイザー。このまま世界のファイザーが日本でも勢力を拡大していくのでしょうか。がんばれ日本製薬企業

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  2. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く
  3. 第47回天然有機化合物討論会
  4. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売…
  5. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  6. 千葉大など「シナモンマスク」を商品化 インフル予防効果に期待
  7. カレーの成分、アルツハイマー病に効く可能性=米研究
  8. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2007年10大化学ニュース
  2. シコニン
  3. 有機合成化学の豆知識botを作ってみた
  4. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反”
  5. リンダウ会議に行ってきた③
  6. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  7. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  8. 研究者へのインタビュー
  9. 未解明のテルペン類の生合成経路を理論的に明らかに
  10. 実験の再現性でお困りではありませんか?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Altmetric Score Top 100をふりかえる ~2018年版~

Tshozoです。暑い中電子版ジャーナルをお読みの方々、論文横のコーナーにある数字をご覧にな…

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP