[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任

[スポンサーリンク]

ファイザーの新しい社長に仏ファイザー社長だったソーレン・セリンダー氏が2月28日に就任し、新体制が動き出した。同日、都内で記者会見したセリンダー新社長は、「今後も継続的な成功を収めたい」と抱負を語った。今後3年間で10新薬を上市予定にあるとしたほか、3月1日から営業部門を、病院担当で領域別に展開する「学術営業」と、開業医担当で地域を主眼に展開する「医薬品営業」を2部門制でスタートさせるとしたものの、業績目標は明らかにしなかった。日本の製薬業界の再編が本格化したことを受けた同社の対応については「既に十分な規模を持っている」と述べ、M&A戦略を否定し、MR数も当面維持する考えを示した。 (引用:薬事日報

 

 

昨年度の医薬品売り上げランキングでは5位から3位までステップアップしたファイザー。このまま世界のファイザーが日本でも勢力を拡大していくのでしょうか。がんばれ日本製薬企業

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するラ…
  2. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授
  3. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  4. 新世代鎮痛剤の販売継続を 米政府諮問委が勧告
  5. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  6. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  7. コーラから発がん物質?
  8. 英グラクソスミスクライン、抗ウイルス薬を大幅値引きへ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Letters to a Young Chemist
  2. 君には電子のワルツが見えるかな
  3. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  4. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  5. カイニン酸 kainic acid
  6. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授
  7. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  8. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  9. マダンガミンの網羅的全合成
  10. 化学研究ライフハック:情報収集の機会損失を減らす「Read It Later」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年6月号がオンライン公開されました。梅…

東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀

概要不確実な時代を生き抜くキャリアを創るには? 各界で活躍する東大OB・OGが、学生生活や就…

可視光光触媒でツルツルのベンゼン環をアミノ化する

単純なアルキルアミンが利用できる芳香族C–Hアミノ化反応が開発された。基質適用範囲が広く天然物などの…

【21卒】太陽ホールディングスインターンシップ

太陽HDでの研究職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場とし…

アラインをパズルのピースのように繋げる!

第198回のスポットライトリサーチは、広島大学工学研究科 博士課程前期2年の田中英也さんにお願いしま…

創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOKYO研修プログラム第2回)

東京都主催の創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラムである「Blockbuster TOKYO」では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP