[スポンサーリンク]

ケムステニュース

製薬特許売買市場、ネットに創設へ…大商とUFJ信託

創薬シーズ大阪商工会議所UFJ信託銀行は、薬剤や薬の製法などの特許を売買する「創薬シーズ」市場を日本で初めて創設する方針を固めた。

  田辺製薬などの製薬会社や大阪工大も参加して14日に研究会を設立、特許流通市場の具体的な仕組みなどを検討し、2006年度前半にも取引を開始する。 (引用:知財情報局) 

 

 

薬の元となる化合物やそれら化合物を作る製法は、もしそれが他社にとられていたら製薬会社にとって開発の足かせとなるものです。いくらぐらいで取引されるか知りませんが、なかなかいいのではないかと思います。

現在の製薬会社の合併は、化合物ライブラリー、つまりその会社の所有している薬の中間体がどのくらい効くか、どのように作るかなどデータベースを手に入れたいということもひとつの目的です。

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  2. 肩こりにはラベンダーを
  3. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認
  4. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製
  5. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  6. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  7. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…
  8. リピトールの特許が切れました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. e.e., or not e.e.:
  2. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  3. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – Glen Miller
  4. 貴金属に取って代わる半導体触媒
  5. 室温で液状のフラーレン
  6. 化学者も参戦!?急成長ワクチン業界
  7. Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告
  8. (+)-フォーセチミンの全合成
  9. 前代未聞のねつ造論文 学会発表したデータを基に第三者が論文を発表
  10. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP