[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第98回―「極限環境における高分子化学」Graeme George教授

[スポンサーリンク]

第98回の海外化学者インタビューは、グレアム・ジョージ教授です。クイーンズランド工科大学物理・化学科のポリマー科学における教授(訳注:現在は名誉教授)で、極限環境(人体を含む)のためのポリマーを研究しています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

キップリング『Elephant’s Child』のような「飽くなき好奇心」のためでしょう。私は6歳くらいから実験を始めましたが、手に入る化学セットだとチャレンジできるレベルの低さに不満を感じるようになりました。しかし大学に入り、最初は物理学の優等生になろうと思っていましたが、その後は物理化学に転向しました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

童話作家です。私は子供たちと、『ウィルバーフォース・ウォンバットの冒険』の感動を彼らが幼い頃から共有していましたが、物語は一度も書き下ろされイラスト化されたことがありません。もし科学を諦めたら、これらの物語に命を吹き込む時間ができるかもしれません。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

重要な問題を語り、関わることでです。地球規模の問題に限らず、地域的な問題でも、情報に基づく議論が必要です。専門知識に欠ける意見が注目を集めることがあまりにも多いです。神秘主義や疑似科学を超えて進むためにも、人々のエネルギーを巻き込み、説得し、指示できる必要があります。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

歴史上の人物が生きていた時代に食事ができるとしたら、皇帝クラウディウス1世の時代のローマがいいでしょう。ローマが実際にどのようなものであったかを体験し、能力不足のために誤って理解・表現されたりしているが、おそらく最も賢明で先見の明があった人物と関われる機会になるでしょう。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

最後の実験着姿は今週(裁判の専門家証人として)のことで、法医学的分析のための材料を調製しました。実際にやった最後の実験は、数ヶ月前にポスドクと一緒に、ナノチタニアや染料を使った構造体を調製したことです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

挑戦し、活動を刺激するような本でなければなりません。挑戦によって終わる、マーカス・デュ・ソートイの『素数の音楽』をおそらく持っていくでしょう。

音楽は、好きなオペラにします。できれば、ワーグナーの『ニーベルングの指環』全集を持っていきます(超圧縮して1枚のCDにして!)。

原文:Reactions – Graeme George

※このインタビューは2009年1月9日に公開されました。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり
  2. 第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David …
  3. 第145回―「ランタニド・アクチニド化合物の合成と分光学研究」C…
  4. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel…
  5. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darre…
  6. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師
  7. 第124回―「生物・医療応用を見据えたマイクロ流体システムの開発…
  8. 第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colq…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  2. 大環状ヘテロ環の合成から抗がん剤開発へ
  3. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  4. 大阪大学インタラクティブ合宿セミナーに参加しました
  5. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction
  6. 近況報告PartI
  7. ソープ・チーグラー反応 Thorpe-Ziegler Reaction
  8. テトラメチルアンモニウム (tetramethylammonium)
  9. 美麗な分子モデルを描きたい!!
  10. 日本化学会第86春季年会(2006)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第18回ケムステVシンポ『”やわらか電子材料” 有機半導体の世界』を開催します!

こんにちは、Spectol21です。作日、第16回ケムステVシンポが開催され、来週には第17回ケムス…

有機合成化学協会誌2021年6月号:SGLT2阻害薬・シクロペンチルメチルエーテル・4-メチルテトラヒドロピラン・糖-1-リン酸・新規ホスホジエステラーゼ阻害薬

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年6月号がオンライン公開されました。新…

フェノール類を選択的に加水素分解する新触媒を開発:リグニンから芳香族炭化水素へ

第316回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科 化学生命工学専攻(野崎研究室)・金…

【書籍】化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論

『化学系学生にわかりやすい 平衡論・速度論』(酒井 健一 著、コロナ社)という書籍をご紹介します。…

これからの理系の転職について考えてみた

Employability(エンプロイアビリティ)という言葉をご存じでしょうか。…

日本で始まる最先端半導体の開発 ~多くの素材メーカーが参画~

半導体の受託生産で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が茨城県つくば市に研究開発拠点を新設し、最…

「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Greer研より

久々のケムステ海外研究記です。第40回はカリフォルニア工科大学(Caltech)材料科学科のPhD課…

ペプシとヒドラゾンが作る枝分かれフッ素化合物

gem-ジフルオロシクロプロパンを原料としたbranch選択的なモノフルオロアルケン合成法が開発され…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP