[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

カイニン酸 kainic acid

kainic_acid.gif

カイニン酸(kainic acid)は、紅藻の海人草(かいにんそう:別名マクリ)から単離されたアミノ酸の一種。虫下しとしての漢方的用途がある。

  • 歴史・用途

1953年、竹本常松によって単離される。

虫下し(回虫駆除)としての作用は、非NMDA型グルタミン酸受容体結合能を持つことによる。すなわち、回虫の神経を過剰に興奮させ、後に麻痺させる。神経科学用ツールとしても有用。

近年、供給不足により価格が高騰している。

  • 関連書籍

 

  • 関連リンク

カイニン酸 – Wikipedia

Kainic acid – Wikipedia

ネーミングいろいろ ~日本語を含む化合物名~ (有機化学美術館)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  2. ヘリウム (helium; He)
  3. ブラッテラキノン /blattellaquinone
  4. シラフルオフェン (silafluofen)
  5. モルヒネ morphine
  6. シガトキシン /ciguatoxin
  7. ビタミンB12 /vitamin B12
  8. アントシアニン / anthocyanin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中学入試における化学を調べてみた 2013
  2. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺伝子発見
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻
  4. 武田薬、糖尿病治療剤「アクトス」の効能を追加申請
  5. アリ・ワーシェル Arieh Warshel
  6. 化学研究ライフハック:化学検索ツールをあなたのブラウザに
  7. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を発売
  8. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich
  9. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  10. 金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP