[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

カイニン酸 kainic acid

[スポンサーリンク]

kainic_acid.gif

カイニン酸(kainic acid)は、紅藻の海人草(かいにんそう:別名マクリ)から単離されたアミノ酸の一種。虫下しとしての漢方的用途がある。

  • 歴史・用途

1953年、竹本常松によって単離される。

虫下し(回虫駆除)としての作用は、非NMDA型グルタミン酸受容体結合能を持つことによる。すなわち、回虫の神経を過剰に興奮させ、後に麻痺させる。神経科学用ツールとしても有用。

近年、供給不足により価格が高騰している。

  • 関連書籍

 

  • 関連リンク

カイニン酸 – Wikipedia

Kainic acid – Wikipedia

ネーミングいろいろ ~日本語を含む化合物名~ (有機化学美術館)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アピオース apiose
  2. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  3. モリブドプテリン (molybdopterin)
  4. IGZO
  5. 嗚呼、美しい高分子の世界
  6. メントール /menthol
  7. シラフィン silaffin
  8. テトロドトキシン てとろどときしん tetrodotoxin(T…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ②
  2. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  3. 北川 進 Susumu Kitagawa
  4. アメリカ化学留学 ”立志編 ー留学の種類ー”!
  5. BASF150年の歩みー特製ヒストリーブックプレゼント!
  6. 「大津会議」参加体験レポート
  7. リンと窒素だけから成る芳香環
  8. 特許の基礎知識(1)そもそも「特許」って何?
  9. システインの位置選択的修飾を実現する「π-クランプ法」
  10. 蓄電池 Rechargeable Battery

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP