[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベース

  1. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule

    概要分子内閉環反応の起こりやすさは、閉環部位での軌道相互作用の難易に大きく影響される。この傾向を纏め上げたものがBaldwin則である。求核・求電子・ラジカル環化いずれに対しても適用可能。 (さらに&he…

  2. ノリッシュ反応 Norrish Reaction

    概要カルボニル化合物に光照射を行うと、ビラジカル中間体を経て結合開裂反応が起こる…

  3. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction

    概要塩基性条件下、アシルベンゼンスルホニルヒドラジンを熱分解にてアルデヒドに変換する方法。…

  4. コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement

    概要4位にカルボニルが置換したオキサゾールは、熱的条件下に転位反応を起こす。チア…

  5. ベティ反応 Betti Reaction

    概要芳香族アルデヒド、アミン、フェノールの三成分縮合によってαアミノベンジル…

  6. ブヘラ・ベルクス反応 Bucherer-Bergs reaction

  7. ピナー反応 Pinner Reaction

  8. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction

  9. ジアゾカップリング diazocoupling

  10. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement

  11. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-Zelinsky Reaction

  12. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution

  13. 脱離反応 Elimination Reaction

  14. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム L/N/K-Selectride

  15. 水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red-Al

  16. 還元的脱硫反応 Reductive Desulfurization

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート
  2. “マイクロプラスチック”が海をただよう その2
  3. 中学生の研究が米国の一流論文誌に掲載された
  4. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  5. 第35回構造有機化学討論会
  6. 日本薬学会  第143年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part 2
  7. 第90回―「金属錯体の超分子化学と機能開拓」Paul Kruger教授

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP