[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム L/N/K-Selectride

[スポンサーリンク]

 

概要

M[HB(sec-Bu)3]の示性式をもつ試薬はヒドリド還元剤として機能する。カウンターカチオンの異なるL-Selectride(Li)N-Selectride (Na)K-Selectride(K)の3種類が汎用される。

かさ高いために立体的に空いている位置から還元が起きる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

化学選択性は立体因子及び溶媒の影響を強く受ける。
selectride_1.gif
規制のかかった環状ケトンの還元においては、高い立体選択性が発現する。
selectride_2.gif
Felkin-Anhモデルに従う選択性発現例
selectride_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. IBX酸化 IBX Oxidation
  2. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  3. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selec…
  4. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkin…
  5. 秋山・寺田触媒 Akiyama-Terada Catalyst
  6. デーヴィス酸化 Davis Oxidation
  7. プラトー反応 Prato Reaction
  8. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)
  2. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  3. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  4. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation
  5. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応
  6. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction
  7. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  8. ヘリウム Helium -空気より軽い! 超伝導磁石の冷却材
  9. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  10. ナイトレン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP