[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベース

  1. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolaou Macrolactonizaion

    カルボン酸、アルコール→カルボン酸誘導体概要2,2'-ジピリジルジスルフィドおよびホスフィンを用いるマクロラクトン合成法。環化段階は通常refluxなどの加熱条件が必要。AgBF4などの銀塩をピリジルチオエステルの活性化目的で添加す…

  2. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation

    ケトン→カルボン酸誘導体 概要ケトンを過酸で酸化してエステルに変換する反応。非対称ケ…

  3. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griffith)Oxidation

    概要TPAP(nPr4N+RuO4-; TetraPropylAmmonium Perr…

  4. ルーシェ還元 Luche Reduction

    ケトン→アルコール概要NaBH4単体では通常1,4-還元が優先するが、CeCl3・7H2…

  5. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction

    概要LDAなどの強塩基によってドナー側カルボニル化合物のα位を完全に脱プロトン化…

  6. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement

  7. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration

  8. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reaction

  9. (古典的)アルドール反応 (Classical) Aldol Reaction

  10. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupling

  11. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group

  12. 右田・小杉・スティル クロスカップリング Migita-Kosugi-Stille Cross Coupling

  13. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reaction

  14. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis

  15. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group

  16. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる
  2. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  3. 「一置換カルベン種の単離」—カリフォルニア大学サンディエゴ校・Guy Bertrand研より
  4. リガンド革命
  5. 含ケイ素四員環 -その1-
  6. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?
  7. 有機化学美術館が来てくれました

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP