[スポンサーリンク]

B

ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group

アルコール → エーテル

概要

ベンジル保護基(Bn)は酸性条件、塩基性条件に対して安定な、汎用性の高い保護基である。

・ブレンステッド酸存在下、BnOC(=NH)CCl3を用いると塩基性条件下不安定な化合物でもBnエーテルを得ることができる。

・脱保護は還元条件(H2-Pd/C、Na/NH3(l)、電解還元など)で行うのが一般的である。RuCl3/NaIO4酸化→OH-条件に伏したり、Me2BBrなどの「Lewis酸+求核剤」条件でも脱保護できる。

基本文献

 

反応機構

1.保護
Williamsonエーテル合成と同様の機構で進行する。
PG_Bn_2.gif
2.脱保護(還元条件)

  • 反応例

保護・脱保護の典型例[1]:丈夫なため合成の初期段階で導入されることが多い。
oh-obn8.gif
O-Bn共存下におけるN-Bn基の選択的脱保護[2] PG_Bn_4.gif
Dudley試薬によるベンジル化[3]:試薬は安定で取り扱い容易であり、中性条件で反応が進行する。
PG_Bn_5.gif

実験手順

・NaH存在下、DMF中にてBnClやBnBrを作用させることによって高収率で保護体を得ることができる。

Bu4NI(TBAI)やNaIを触媒量加えておくと、保護反応が加速される (BnClやBnBrが系中で高反応性のBnIに変換されるため)。

 

実験のコツ・テクニック

※ ベンジルブロミドは催涙性物質なので、ドラフト中で取り扱うことが望ましい。
※ クエンチ時に水を加えるのではなく、炭酸カリウム-メタノールを加えてしばらく攪拌すると、催涙性のベンジルブロミドがうまくつぶれてくれる。抽出作業など、その後の扱いが簡潔になるのでオススメ。

 

参考文献

[1] Oguri, H.; Hishiyama, S.; Oishi, T.; Hirama, M. Synlett 1995, 1252. DOI: 10.1055/s-1995-5259
[2] Kroutil, J.; Tmka, T.; Cemy, M. Synthesis 2004, 446. DOI: 10.1055/s-2004-815937
[3] (a) Poon, K. W. C.; Dudley, G. B. J. Org. Chem. 200671, 3923. DOI: 10.1021/jo0602773
(b) Poon, K. W. C.; House, S. E.; Dudley, G. B. Synlett 2005, 3142. DOI: 10.1055/s-2005-921898

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 植村酸化 Uemura Oxidation
  2. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  3. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synt…
  4. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  5. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  6. カルボン酸の保護 Protection of Carboxyli…
  7. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement
  8. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(2-thienyl)-1,4-butanedione
  2. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド : 1-(3-Dimethylaminopropyl)-3-ethylcarbodiimide
  3. プメラー転位 Pummerer Rearrangement
  4. のむ発毛薬で五輪アウトに
  5. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  6. もっとも単純な触媒「プロリン」
  7. アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧
  8. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  9. 三共・第一製薬の完全統合、半年程度前倒しを検討
  10. スーパーブレンステッド酸

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP