[スポンサーリンク]

B

ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective Group

アルコール → エーテル

概要

ベンジル保護基(Bn)は酸性条件、塩基性条件に対して安定な、汎用性の高い保護基である。

・ブレンステッド酸存在下、BnOC(=NH)CCl3を用いると塩基性条件下不安定な化合物でもBnエーテルを得ることができる。

・脱保護は還元条件(H2-Pd/C、Na/NH3(l)、電解還元など)で行うのが一般的である。RuCl3/NaIO4酸化→OH-条件に伏したり、Me2BBrなどの「Lewis酸+求核剤」条件でも脱保護できる。

基本文献

 

反応機構

1.保護
Williamsonエーテル合成と同様の機構で進行する。
PG_Bn_2.gif
2.脱保護(還元条件)

  • 反応例

保護・脱保護の典型例[1]:丈夫なため合成の初期段階で導入されることが多い。
oh-obn8.gif
O-Bn共存下におけるN-Bn基の選択的脱保護[2] PG_Bn_4.gif
Dudley試薬によるベンジル化[3]:試薬は安定で取り扱い容易であり、中性条件で反応が進行する。
PG_Bn_5.gif

実験手順

・NaH存在下、DMF中にてBnClやBnBrを作用させることによって高収率で保護体を得ることができる。

Bu4NI(TBAI)やNaIを触媒量加えておくと、保護反応が加速される (BnClやBnBrが系中で高反応性のBnIに変換されるため)。

 

実験のコツ・テクニック

※ ベンジルブロミドは催涙性物質なので、ドラフト中で取り扱うことが望ましい。
※ クエンチ時に水を加えるのではなく、炭酸カリウム-メタノールを加えてしばらく攪拌すると、催涙性のベンジルブロミドがうまくつぶれてくれる。抽出作業など、その後の扱いが簡潔になるのでオススメ。

 

参考文献

[1] Oguri, H.; Hishiyama, S.; Oishi, T.; Hirama, M. Synlett 1995, 1252. DOI: 10.1055/s-1995-5259
[2] Kroutil, J.; Tmka, T.; Cemy, M. Synthesis 2004, 446. DOI: 10.1055/s-2004-815937
[3] (a) Poon, K. W. C.; Dudley, G. B. J. Org. Chem. 200671, 3923. DOI: 10.1021/jo0602773
(b) Poon, K. W. C.; House, S. E.; Dudley, G. B. Synlett 2005, 3142. DOI: 10.1055/s-2005-921898

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  2. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Azir…
  3. クラプコ脱炭酸 Krapcho Decarboxylation
  4. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Re…
  5. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rear…
  6. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  7. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxind…
  8. トラウベ プリン合成 Traube Purin Synthesi…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents
  2. アルキンメタセシス Alkyne Metathesis
  3. 物凄く狭い場所での化学
  4. 「2010年トップ3を目指す」万有製薬平手社長
  5. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement
  6. 君には電子のワルツが見えるかな
  7. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原料を供給するビジネスを開始
  8. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  9. 【速報】2011年ノーベル化学賞は「準結晶の発見」に!
  10. ヘテロカンシラノール

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP