[スポンサーリンク]

archives

トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成

T2022.gif

T0286.gif


Yadavらは,トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応について報告しています。それによれば,種々のアルデヒドやケトンをトシルヒドラジドと反応させてトシルヒドラゾンを生成し,次いでこれをトリエチルアミン三ふっ化水素酸塩と反応させることにより,対応するモノフルオロアルカンを高収率,高純度で得ています。この反応は幅広い基質に適用可能で,簡便な操作によりワンポットでフルオロアルカン類に変換できることから,有用な方法として注目されています。

A. K. Yadav, V. P. Srivastava, L. D. S. Yadav, Chem. Commun. 2013, 49, 2154.

関連記事

  1. Accufluor(NFPI-OTf)
  2. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  3. チアゾリジンチオン
  4. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  5. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】…
  6. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  7. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  8. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  2. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?
  3. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授
  4. 抗アレルギー薬「アレジオン」の販売、BIに一本化
  5. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  6. オーラノフィン (auranofin)
  7. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride
  8. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  9. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  10. テルペンを酸化的に”飾り付ける”

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

2017年4月に、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry を受験…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP