[スポンサーリンク]

archives

トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成

T2022.gif

T0286.gif


Yadavらは,トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応について報告しています。それによれば,種々のアルデヒドやケトンをトシルヒドラジドと反応させてトシルヒドラゾンを生成し,次いでこれをトリエチルアミン三ふっ化水素酸塩と反応させることにより,対応するモノフルオロアルカンを高収率,高純度で得ています。この反応は幅広い基質に適用可能で,簡便な操作によりワンポットでフルオロアルカン類に変換できることから,有用な方法として注目されています。

A. K. Yadav, V. P. Srivastava, L. D. S. Yadav, Chem. Commun. 2013, 49, 2154.

関連記事

  1. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4…
  2. コランヌレン : Corannulene
  3. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  4. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  5. PdCl2(dppf)
  6. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  7. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  8. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. アメリカ化学留学 ”入学審査 編”!
  2. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photocycloaddition
  3. 米国ACSジャーナル・冊子体廃止へ
  4. 軸不斉のRとS
  5. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis
  6. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その2
  7. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  8. キース・ファニュー Keith Fagnou
  9. ナイトレン
  10. 武田薬品、14期連続で営業最高益に

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP