[スポンサーリンク]

archives

トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成

T2022.gif

T0286.gif


Yadavらは,トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応について報告しています。それによれば,種々のアルデヒドやケトンをトシルヒドラジドと反応させてトシルヒドラゾンを生成し,次いでこれをトリエチルアミン三ふっ化水素酸塩と反応させることにより,対応するモノフルオロアルカンを高収率,高純度で得ています。この反応は幅広い基質に適用可能で,簡便な操作によりワンポットでフルオロアルカン類に変換できることから,有用な方法として注目されています。

A. K. Yadav, V. P. Srivastava, L. D. S. Yadav, Chem. Commun. 2013, 49, 2154.

関連記事

  1. GlycoProfile アジド糖
  2. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  3. iphone用サイトを作成
  4. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  5. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)dib…
  6. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応
  7. サーバーを移転しました
  8. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  2. THE PHD MOVIE
  3. 医薬品のプロセス化学
  4. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky Reaction
  5. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました② 化学(科学)編
  6. 金大発『新薬』世界デビュー
  7. 相田 卓三 Takuzo Aida
  8. 低投資で効率的な英語学習~有用な教材は身近にある!
  9. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations
  10. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン

配位子「アザホスファトリプチセン」を2つもつ白金錯体を合成した。この白金錯体の光と熱による「シス−ト…

Glenn Gould と錠剤群

Tshozoです。突然ですがこの動画をご覧ください。元々は" the CBC show, "…

合同資源上瀑工場

千葉県大多喜町にある相生工業(株)(現(株)合同資源)のヨウ素製造拠点で、反応設備兼沈降設備であるド…

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP