[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

青いセレンディピティー

new blue.jpg

 

化学を好きになった理由に、実験で色が変わった・光った・キレイだったというインパクトを挙げられる方は多いことと思います。

黒色や灰色の材料を扱っていたところに、セレンディピティーな青色が見いだされました(J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 17084, C&E News Nov. 16, 2009, Vol 87,p8)。

筆者らはYInO3にMnをドープし、強誘電かつ強磁性(multiferroic)な材料を探索していました。YInO3は白色・YMnO3は黒色なので、灰色から黒色と考え加熱炉から取り出したところ、鮮やかな青色粉末が得られました。

DFT計算により、Mn(III)への三方両錐配位とアピカル位酸素の短いMn-O結合によって青色になっていることが明らかになりました。彼らはこの結果は、安価・低毒性・耐酸性などに優れた青色顔料の開発に繋がると報告しています。

論文のイントロでは従来の青色顔料の毒性・安定性の問題を挙げています。個人的には、青色材料としてフタロシアニンが一番に思いつくのですが、青色顔料は用途に応じて幅広く、色ひとつとっても色合いで非常に多彩な表現が要求されるようです。

photo01.jpg
信越化学工業 Nature life ラニカイビーチの写真

 

金属酸化物の物性研究から、全く目的と違う新規顔料の設計指針が見出されたストーリーが面白い内容でした。

 

  • 関連書籍
  • 伊藤 征司郎
  • 定価 : ¥ 68,250
  • 発売日 : 2006/11
  • 出版社/メーカー : シーエムシー出版
  • 時田 澄男
  • 定価 : ¥ 4,830
  • 発売日 : 2005/03
  • 出版社/メーカー : シーエムシー出版

 

The following two tabs change content below.

lcd-aniso

企業にてディスプレイ関連材料の開発をしております。学生時代はヘテロ原子化学を専攻していました。私のできる範囲で皆様に興味を持っていただける 話題を提供できればと思います。

最新記事 by lcd-aniso (全て見る)

関連記事

  1. 海底にレアアース資源!ランタノイドは太平洋の夢を見るか
  2. 未来の車は燃料電池車でも電気自動車でもなくアンモニア車に?
  3. ナノ孔に吸い込まれていく分子の様子をスナップショット撮影!
  4. キラル超原子価ヨウ素試薬を用いる不斉酸化
  5. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  6. バイオタージ Isolera: フラッシュ自動精製装置がSPEE…
  7. プロペランの真ん中
  8. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する…

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポリ塩化ビニルがセンター試験に出題されたので
  2. 科学系のLINEスタンプを使おう!!
  3. What’s Cooking in Chemistry?: How Leading Chemists Succeed in the Kitchen
  4. マーデルング インドール合成 Madelung Indole Synthesis
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②
  6. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  7. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!
  8. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発
  9. 医薬品のプロセス化学
  10. 独メルク、医薬品事業の日本法人を統合

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

まだまだ続くよニホニウムフィーバー!ということで、色々な書籍などは巷にあふれてますね。先日当…

高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポット形成

第92回のスポットライトリサーチは、産業技術総合研究所触媒化学融合研究センターケイ素化学チーム(島田…

極性表面積 polar surface area

極性表面積(polar surface area, PSA)とは、分子表面のうち極性を帯びている部分…

Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る

バルセロナ大学・Fernando Albericioらは、パラジウム触媒によるLate-Stage …

企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

概要有機合成化学およびプロセス化学に関係した研究の現場での,企業化や商品化に賭けるそれぞれの…

銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応

カリフォルニア工科大学・Jonas C. PetersおよびGregory C. Fuの共同研究グル…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP