[スポンサーリンク]

ケムステニュース

CAS番号の登録が1億個突破!

 【オハイオ州コロンバス】米国化学会(American Chemical Society)の情報部門で、化学情報の世界的権威であるケミカル・アブストラクツ・サービス(Chemical Abstracts Service=CAS、米国オハイオ州コロンバス)はこのほど、化学物質データベース「CAS REGISTRYSM」に、1億件目となる化学物質が登録されたことを発表しました。CAS REGISTRYSMは、CASが構築・管理を行い、網羅する物質数や信頼性の観点から世界中の化学・製薬企業および大学、政府機関、特許発行機関に認められた世界最大の化学物質データベースで、構築から今年で50周年の節目を迎えます(引用:CASプレスリリース 2015年7月9日)。

 

先月(6月29日)に化合物のCAS番号が1億件を超えました。2007年の9月に5000万件を超えたばかりであることを考えると、特に最近の登録ペースは半端ないですね。現在平均すると2分30秒で1個の化合物が登録されているそうです。現在のペースで増えていくと、50年後には6億個以上の新規化合物が登録されるらしいです。いまの指数関数的な増え方をみてると、15-20年ぐらいで達成しそうですね。

2015-07-10_17-16-15

さらに、CAS番号に関するどーでもよい知識をいくつか。

  1. 2014年に登録された化合物は1965年から1990年の25年間で登録された数よりも多い
  2. 金属元素の中では銅(Cu)に関する化合物の登録が最も多く、856300件、次はケイ素782960件
  3. 環状化合物がほとんどで、9390万件になにかしらの環状化合物が含まれている。その中でも、環がもっとも多い化合物は45個(C180H92S45、ポリチオフェン化合物)

 

では、1億個目の栄えある化合物は… (すでに上のグラフに構造式が見えてますが)

2015-07-10_17-44-35

 

 

CAS登録番号「1786400-23-4」の上記の化合物。 米Coferon Inc.社が特許に報告した化合物で急性骨髄性白血病の治療薬を目的に設計し、合成したもの。一般にもキリ番なるものがありますが、1億個目に当たるなんて幸運な化合物ですね。この知名度を生かして関連製品がぜひ医薬品になってほしいものです。

ところで、余談ですがGoogle先生で、CAS番号検索したことがありますか?例えば、今回のCAS番号を検索するとトップに出てくるのは、化合物でなく、この電卓。そうご丁寧に、1786400-23-4 = 1786373 の計算式を問いてくれるんですね。CAS番号として扱ってくれると楽なんですが…

2015-07-10_17-54-23

Google先生のお気遣い

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

最新記事 by webmaster (全て見る)

関連記事

  1. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  2. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  3. 2017卒大学生就職企業人気ランキングが発表
  4. 石テレ賞、山下さんら3人
  5. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  6. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  7. 第二回触媒科学国際シンポジウム
  8. 青色LED和解:中村教授「日本の司法制度は腐ってる」

コメント

    • unsafe_safe
    • 2016年 6月 13日

    googleで電卓になってしまう問題ですが、番号の前後に”(二重引用符)をつけると計算をしなくなります。
    ご参考までに

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ホウ素と窒素で何を運ぶ?
  2. 2011年人気記事ランキング
  3. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  4. ナノチューブブラシ!?
  5. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  6. 化学は切手と縁が深い
  7. アリ・ワーシェル Arieh Warshel
  8. 新たな製品から未承認成分検出 大津の会社製造
  9. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  10. 中国へ講演旅行へいってきました②

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Imaging MS イメージングマス

質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

第81回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学大学院工学研究科小川研究室博士1年の佐藤悠樹さんにお…

alreadyの使い方

副詞「already」は日本人が最もよく誤用する語の一つです。私が読んできた日本人学者による論文では…

「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

「ケムステ海外研究記」は節目となる第10回目を迎えました!記念すべき本寄稿は、第6回目の志村さんから…

最近の有機化学論文2

前回に引き続き、注目の有機化学に関する論文を紹介いたします。【有機反応】δ位選択的なsp3C–H…

Evonikとはどんな会社?

Tshozoです。こないだ紹介したAkzonobelつながりで今回はドイツ特殊化学品の雄 Evoni…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP