[スポンサーリンク]

M

MT-スルホン MT-Sulfone

 

概要

基本的な考え方はジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、後半の加水分解がジチアンのそれに比べて容易というメリットがある。また、α位プロトンの酸性度が高く、BuLiのような強塩基を必要としない点でも優れている。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluorobor…
  2. コープ脱離 Cope Elimination
  3. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  4. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction
  5. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…
  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  7. スクラウプ キノリン合成 Skraup Quinoline Sy…
  8. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboratio…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  2. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成
  3. 光有機触媒で開環メタセシス重合
  4. 大村 智 Satoshi Omura
  5. ダイエット食から未承認薬
  6. ケミストリー四方山話-Part I
  7. 有機合成化学特別賞―受賞者一覧
  8. 来年は世界化学年:2011年は”化学の年”!
  9. ニュースタッフ
  10. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP