[スポンサーリンク]

A

アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic Ester / Malonic Ester Synthesis

 

概要

アセト酢酸エステルもしくはマロン酸エステルの活性メチレンは、弱めの塩基で容易に脱プロトン化を受ける。これを利用してアルキル化を行った後に脱炭酸すれば、前者からは置換ケトン、後者からは置換エステルを得ることができる。

 

基本文献

  • Hauser, H. O.; Hudson, B. E., Jr. Org. React. 19421, 266.

 

反応機構

acid-a3.gif

 

反応例

脱炭酸時に酸/塩基条件下に伏したくないときはメチルエステルを用いたKrapcho法が頻用される。
krapcho_1.gif

辻-Trost反応やMichael反応条件が化学選択的アルキル化においては頻用される。

β-ケトカルボニル化合物に対して強塩基を2当量以上用いると、通常とは異なる位置をアルキル化することが可能。このジアニオンは大変高い求核能をもち、混み合った反応性が低い位置でもアルキル化が起こせる。

malonate_3.gif

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Azir…
  2. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenati…
  3. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  4. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization …
  5. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…
  6. バンバーガー転位 Bamberger Rearrangement…
  7. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…
  8. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. フタロシアニン phthalocyanine
  2. 「Natureダイジェスト」で化学の見識を広めよう!
  3. アルカロイドの大量生産
  4. ステープルペプチド Stapled Peptide
  5. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発
  6. カプロラクタム (caprolactam)
  7. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  8. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き
  9. Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ
  10. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略

内容 世界市場において日本の国際競争力の低下傾向が続いており、製造業のシェアは年々低下、化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP