[スポンサーリンク]

C

コーンフォース転位 Cornforth Rearrangement

 

概要

4位にカルボニルが置換したオキサゾールは、熱的条件下に転位反応を起こす。チアゾールでも同様の転位は観測される。

基本文献

 

反応機構

冒頭スキームのように電子環状反応によって結合が開裂し、イリド中間体を経由することが示唆されている(参考:J. Am. Chem. Soc. 197496, 6148. Chem. Ber. 1971, 104, 1408.)

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull …
  2. デレピン アミン合成 Delepine Amine Synthe…
  3. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber…
  4. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenat…
  5. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidati…
  6. ブルック転位 Brook Rearrangement
  7. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  8. MSH試薬 MSH reagent

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne
  2. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin
  3. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  4. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(pyridine)iodonium Tetrafluoroborate
  5. 結晶スポンジ法から始まったミヤコシンの立体化学問題は意外な結末
  6. セミナー「マイクロ波化学プロセスでイノベーションを起こす」
  7. ケージド化合物 (caged compound)
  8. イベルメクチン /Ivermectin
  9. ランタノイド / lanthanide
  10. カルベンで挟む!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

2017年4月に、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry を受験…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP