[スポンサーリンク]

M

モンサント酢酸合成プロセス Monsanto Process for Acetic Acid Synthesis

 

概要

ロジウム触媒および助触媒としてヨウ化水素酸を用いることで、メタノールをカルボニル化して酢酸を合成する手法。これはMonsanto法と呼ばれ、代表的な酢酸の工業的合成プロセスである。

 

基本文献

 

反応機構

monsanto_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearr…
  2. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyem…
  3. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  4. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  5. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  6. ビシュラー・ナピエラルスキー イソキノリン合成 Bischler…
  7. フリース転位 Fries Rearrangment
  8. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluorobor…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果
  2. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  3. トーマス・トーレス Tomas Torres
  4. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis
  5. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大学・Kanan研より
  6. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  7. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  8. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  9. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  10. 研究室での英語【Part 3】

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

名古屋市科学館で化学してみた

寒い毎日が続いていますね。仕事に恋愛に忙しい(ようでありたい)この季節、化学徒の皆様はいかがお過ごし…

START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会

いまや学生の皆さんは就職活動真っ盛りの時期ではないでしょうか。博士課程や奨学生制度に申し込んだ方は既…

ベン・デイヴィス Ben G. Davis

ベンジャミン・ガイ・デイヴィス(Benjamin Guy Davis, 1970年8月8日-)は、イ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP