[スポンサーリンク]

archives

サーバーを移転しました

 

一昨日から繋がりにくい・表示されない状況が続いたと思いますが、パフォーマンスの向上および安定運用の為、この度新サーバーへ移転しました。

このお知らせをみることができましたらDNSの移行が完了し、すなわち新サーバーへの移転が完了しています。

約10年以上、新しいものに数年単位で移行しながら運営を行ってきましたが、ここ1年ほどのアクセス数の増加が原因によりエラーが多発するようになり、訪問者の方々に御迷惑をおかけいたしました。

新サーバーはCMSに最適化された高速サーバーを用いていますので、これまでのような問題は解消されるものと思われます。今後ともChem-Stationをよろしくお願いいたします。

山口潤一郎

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  2. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  3. BTQBT : BTQBT
  4. 有用なりん化合物
  5. サレン-Mn錯体
  6. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  7. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  8. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. Chem-Station 6周年へ
  2. 生合成を模倣した有機合成
  3. 鈴木 章 Akira Suzuki
  4. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  5. メリークリスマス☆
  6. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  7. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  8. フェノールのC–O結合をぶった切る
  9. インドール一覧
  10. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP